So-net無料ブログ作成

釣れる時間帯と場所が…

令和元年 8月 9日 (金) AM 5:02 晴れ 水位 +5cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも少し多めです。
昨日、上流部でいくらか夕立があったようで、昨日よりもほんの少し増えましたが、現在は引き水。
もう間も無く平水に戻ります。
濁りは少し入っていますが、釣りには問題ない程度。
今日も鬼怒川は釣りになります。

まだまだ土用隠れのような状態で、全体的に厳しい鬼怒川ですが、今週早々よりは少しは鮎たちがやる気を出す時間帯が増えてきたようです。

昨日来たお客様が「昨日(一昨日)は岡本の鉄橋付近に入って午後3時半までボーズ。もう帰ろうかなぁと思った時に一匹掛かったら、その後1時間で7匹釣れちゃった(´⊙ω⊙`) 周りの人たちも掛かり出していたから、鮎の活性が急に上がったんだろうね。ホント不思議だよねぇ」なんて話を聞いたあと、午後2時半くらいに当店の橋の上の瀬を見ていたら…

それまであまり釣れている様子がなかったのに、急にあちこちでパタパタと掛かり出し、皆さん大きな鮎に引っ張られて川をバタバタと忙しそう(*゚∀゚*)
それから小一時間ほどは、交互に竿を曲げて楽しんでいらっしゃいましたが、遠くで響く雷鳴が徐々に近づいてきて強制終了(ToT)
何事もなければ、もう少し釣れたでしょうにねぇ。。。残念(>_<)
ところがこの間、上流の深めの場所はほとんど竿が立たず…ですから不思議なものです。

とにかく釣れる時間帯、場所が限られているようですが、午後2時から3時頃は、瀬落ちの深みから刺してくる瀬がいちばんの狙い目かもしれません。
そして一日ポツポツと釣るのならば、やはり深瀬、深トロでしょうか?

そんな深瀬を攻めたのが墨田区の仲村さんで、『柳田の橋上の深みを釣ったんだけど、入れ掛りと言うわけにはいかないねぇ(^^;; でも我慢して泳がせているとポツポツと掛かるんだよね。気がつけばツ抜けてた。型は今の鬼怒川にしては少し小ぶりかなぁ。でも良く引っ張ってくれて楽しかったよ(´∀`=)』と釣果報告に来てくれました。

IMG_8864.JPG

写真を撮らせてもらいましたが、22〜23cmくらいが多く、おっしゃるほど小ぶりでもありません。
いちばん大きな25cmくらいの掛かり鮎は、「もったいないから引き舟にしまっちゃおう!」と片手で船に入れる時に手からスルッと逃げちゃったそうです(^^;;
それがなければ今年いちばんの大物ゲット!で数も15匹ときりが良かったんですけどねぇ(笑)
まぁ僕も仲村さんのように片手で鮎を握って、年に何度かこんな失敗をしますが、皆さんも大きな鮎は両手でしまいましょうね(^o^)

仲村さん曰く、『午後4時を過ぎたら、パタッと釣れなくなっちゃった』そうですから、こんな深みに溜まっている鮎は、やはり酸素の多い瀬の中に食みに出て行ってしまうのでしょうか?
そう考えれば、3時頃から瀬の中で掛かり出す状況と上手く辻褄が合うのですけれど(´∀`=)

何れにしても、まだまだ厳しい状態には変わりありませんが、月曜日頃よりは少しだけハミ跡が出て来た場所もありますから、いくらかは上向き加減なのでしょう。
昨夜から今朝にかけて水が動きましたが、こんな水量のちょっとした変化が、鮎たちの活性を上げるきっかけになるかもしれません。
何事も前向きに考えましょうね(*゚∀゚*)

さていよいよ明日からお盆休みの方々も多いでしょう。
今日が仕事の最終日で、道路も混雑したり、ウワノソラで運転している方もいらっしゃるかもしれません。
釣りに来られる方は、十分に注意して、気をつけて遊びに来てください。
そして今日も朝から蒸し暑いですから、熱中症対策もお忘れなく!(^o^)

nice!(1)  コメント(0)