So-net無料ブログ作成

2019-08-08

令和元年 8月 8日 (木) AM 5:53 晴れ 水位 平水

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日も多くの釣り人が鬼怒川で竿を出してくれましたが、鬼怒川の鮎たちはちょっとご機嫌斜め(^^;;
なかなか思うように釣り人と遊んでくれなかったようです。

一日のうちにパタパタと掛かる時間帯がほんのわずか。。。
その時間以外はサッパリ反応せず…と言った感じで、暑さの中、釣り人はガマン比べを強いられているようです。

宇都宮市の向田さんは、10時過ぎに板戸近辺に入って、11時頃から12時くらいまでの1時間弱でパタパタと8匹も釣れて『今日は大釣り出来るな』と余裕を持って昼食。
昼食後、午後2時頃から再度竿を出すものの、これ以降はサッパリ( ; ; )3時半から4時半までの1時間で3匹を追加の計11匹の釣果だったそうです。
『まったく一日竿を出しても、掛かるのは都合2時間だけだもの(笑) 釣れない時間帯が長すぎるよね〜。』と電話で釣果報告をくれました。
確かに3時過ぎに当店上を見ていたら、パタパタと数人が竿を絞る姿が見られましたから、どこでも掛かる時間帯は一緒なのでしょうか?

いつもの新鬼怒橋上の群れた鮎を上手く釣ってきたのは、石下の高橋さん。
『水が減って、鮎たちは橋桁周りの深いところに入っちゃいました。それを狙ってオトリを泳がせてみるんだけど、サッパリ見向きもしませんね〜(^^;; なんとかツ抜けは出来たけど、だんだん難しくなってきました。』と帰りに寄って写真を撮らせてくれました。

IMG_8860.JPG

それにしても高橋さん、本当に難しい群れ鮎を上手に釣ってきます。
感服です(´∀`=)

なかなか平均釣果…と言うのは難しいのですが、ツ抜け出来た方はごく稀でしょうか?
3〜5匹…なんて言う方が多いでしょう。
この土用隠れのような症状が、なんとかお盆休みまでに解消されれば、大きな太った鮎がツヌケ出来るくらいにはなると思うのですが、果たしてどうなることやら…です。(^^;;
せめて台風だけは来ないでくれるように!
それだけを今は祈りましょう。

さて、今日もまだまだ続く猛暑です。
水分を十分に取るもはもちろんですが、途中で少し身体を冷やすためにも、座って腰まで身体を水につけたり、川の水を腕にかけたりしてください。
少しは身体が楽になりますよ(^o^)
とにかく無理をせず、適度な休憩を挟んで、怪我やトラブルのない楽しい一日をお過ごしくださいね(´∀`=)

nice!(1)  コメント(0)