So-net無料ブログ作成

陽射しさえ出てくれればなぁ。。。

令和元年 7月22日(月) AM 4:56 曇り 水位 +20cm

現在の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm高くらいです。
まだ水は多いものの、濁りはさほど無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は増水の鬼怒川でしたが、割と多くの釣り人が竿を出してくれました。
ただ水温は冷たく、午前中の釣果の方はあまり芳しくありませんでした。
昼近くから少し水温が上がったのか、鮎の跳ねも見え始め、それからやっとポツポツ…といった感じ。

朝から新鬼怒橋周りに入った石下の高橋了さんは、浅いところを丁寧に泳がせて9匹。
『群れた鮎が跳ねていたので、そんな所を泳がせたけど、ツ抜けまではいきませんでした(^^;; でも、まぁまぁ釣れたから良しとします』と電話で報告を頂きました。

また、午後2時から板戸近辺に入った宇都宮市の向田さんは、5時まで釣って8匹。
『時間も良かったのか、入ってすぐにパタパタと掛かって調子良かったんだけど、竿にトラブルが起きて一時休止。1時間後に再開した時は地合いが終わっていて、2匹追加しただけ。五時前に冷たい風が吹いてきたら、跳ねも無くなったので納竿しました。いちばん良い時にトラブっちゃったからもったいなかったねぇ(^^;;』とご報告をくれました。

昼頃に新鬼怒橋の上から川底を眺めにいきましたが、かなりの鮎があちこちで群れで食んでいました。
ちょうど蒸し暑い時間帯だったせいかもしれませんが、中には強く食む鮎もいて、『水が減って水温が上がれば期待できるのかな?』と感じました。
あと数日は雨混じりの予報ですが、梅雨明けは間違いなくもうすぐそこ!
もう少し辛抱すれば、鮎師たちの本当のシーズンが到来ですね(´∀`=)
毎年梅雨明けには意外な大鮎が掛かりだしたりしますから、今のうちに大物用の仕掛けとハリを用意しておいてくださいな(´∀`=)

nice!(1)  コメント(0)