So-net無料ブログ作成

2019-07-03

令和元年 7月3日 (水) AM 5:57 曇り 水位 +15cm

今朝に鬼怒川の水位は、平水よりも15cm高くらいです。
濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日はいくらかですが、各所に釣り人の姿が見られました。
釣果の方は…なかなか、そう簡単には釣れないようで、蒸し暑い陽気の割にはまだ水温がかなり低く、鮎たちの活性はまだ低かったようです。

結城市の須藤ちゃんは、『とりあえず今日は、深いところと強いところを攻めてツヌケを目指してくる!』と出かけて行きましたが、川から3時頃に上がってきて『撃沈 (;_;) タイツで頑張って川に浸かってたんだけど、まだ水が多いせいか流芯鮎は付いてなかった。でもヘチの方に食み跡は出てたから、水が減ればその鮎たちが真ん中に付いてくれるかなぁ。』
釣った鮎を見せてもらいましたが、18〜19cmでまったく冷水病の痕もない綺麗な鮎でした。1匹だけはまだ痩せていましたが、他は食い込み始めでお腹も少しプックリと膨らんできたところ。
回復の期待が持てる鮎でした。

また、茂木町の佐藤さんは11時頃から当店の橋下に入りましたが、2時間ほど竿を出して1匹も掛からず。昼ご飯をはさんで2時頃から再度川に入ると、ポツポツと鮎が跳ね出し、『1時間半くらいで6匹釣れたよ。』ご報告をくれました。
『冷水病の傷がカサブタ状に治りかけてきた鮎も釣れたし、まだヘチの方だけど食み跡も出てた。鮎跳ねるようになってきたから、もう少しの辛抱だね』ともおっしゃっていました。

このまま雨による増水など無ければ、今週末あたりは復活ののろしが挙げられるのかなぁ…と思いますが、いかんせん今年の梅雨は厄介 (;_;)
水位が平水くらいに戻ってくれるようならば、期待は大なのですけれどね。

今日は一日曇りの予報ですが、明日もまた雨模様の予報。。。
テレビで、九州などの豪雨を観ると、まだ栃木県は雨による被害が無いだけ有り難いことなのですが、釣り人にとってはストレスの溜まる今年の梅雨ですよね。
まぁそれでも、何の被害もなく、鮎釣りの事を考えていられるだけシアワセ…と思いましょうね (*^_^*)

nice!(1)  コメント(0)