So-net無料ブログ作成

昨夜の雷雨で増水?

令和元年 6月19日 (水) AM 5:16 晴れ 水位 +25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm高くらいです。
鬼怒川は昨日の日中よりも30〜40cmほど増水しています。
濁りは少し入っていますが、それほど強いわけではありません。
なんで増水したのかわかりませんが、昨夜、激しい雷雨があり、そのせいの増水かもしれません。
何れにしても、現在は引き水になっていますし、ダムの放水等は無いようですから、このまま順調にいけば、9時〜10時くらいには竿を出せるようになるにではないでしょうか。

那珂川も昨日よりも30cmほど増えているようです。
こちらも引き水になっていますので、それほど長引かず、昼前には竿を出せるような気がしますが、濁り具合がわかりません。
いかれるかたは、現地のオトリ屋さん等に、詳しい状況をお尋ねの上、お出かけください。

さて、きのうのきぬがわは、鮎の不調を物語るように、天気のわりには釣り人が少なく、閑散としていました。
鮎たちの病気も、今まさにピークを迎えようとしていて、なかなか思うようには掛かってくれませんが、それでも朝から頑張って竿を出してくれている方々を、我々は、遠くから「釣れてくれよ〜」と応援するしか手がありません。(^^;;

結城市から来た須藤ちゃんもそんな応援をしたひとり。
朝店に寄って、『増渕オトリ近辺を釣ってくる。なんとかツヌケしてくるわ!』と出かけて行きましたが、午後3時半まで頑張って8匹の釣果で帰って来ました。

IMG_8646.JPG

『ゴメン…風が強くなってからさっぱり釣れなくなっちゃって、あと2匹が何としても追加出来なかった(^^;;』だって。
でも釣ってきた鮎は、わりと型が良く、18〜19cmほど。痩せても無く、病気の気配もなく…『アタリは良かったよ〜』との事ですから、まだまだ元気な鮎がいることは確かですね。

橋上に入った埼玉の土金さんは『10時過ぎから午後3時までに12匹だった。人が少ないから、静かに泳がせたらポツポツ釣れたね。型は小ぶりなのが多かったかなぁ』と情報をくれました。

そしてテルテルボーズさんが岡本地区を見てきて情報をくれたのでご紹介します。
IMG_20190618_135622.jpg
『本日Pm2時合流点、風が強いですが深いトロ場(岩盤)でポツポツ掛かってます。増水後やっと水温が上がっていくらか活性が良いのでしょう。白いシャツの方は3連ちゃんです! 引き釣りに見えますが綺麗に泳がせてました。上流の瀨の4人はまだ部が悪いように見えました。釣れる場所は何処かにあるはずです。もう少しの辛抱ですね。その時は一回り大きくなっていることでしょう。』

テルテルボーズさん、本当にいつもありがとうございます。とても助かりますm(._.)m

その他の情報はありませんが、見ている限りではツヌケ出来れば上等!と言ったところが今の鬼怒川の現実。しばらくは辛抱するしかありませんね。

さて、逆に解禁からあまり状況の良くなかった那珂川ですが、こちらはいくらか上向きな情報が入るようになりました。
土曜日に小川付近を釣ったさくら市の田代さんはまずまずの良型を20匹超えだったそうですし、昨日烏山近辺を攻めた真岡市の仙波さんも10時頃から始めて16匹の釣果。
型は18〜20cmくらいで、よく太った鮎でした。

IMG_8647.JPG

そろそろ病気も落ち着いて、徐々に上向いていくのでしょう。
今週末あたりは、那珂川に期待したいですね(o^^o)

さて、最後に鬼怒川漁協管内の荒川で釣ってきた宇都宮市の小林さんの情報です。

IMG_8645.JPG

『釣果は46匹でしたが、全体的に釣れると言うわけではなく、ピンポイントでした。いちばん釣れたのは竿を出しにくい狭い瀬で、竿抜けだったのかもしれませんね。』と連絡をくれました。
小さな川ですから、やはり場荒れも早いのかもしれません。
ハミアトを参考に、丁寧な場所選びが必要かもしれませんね。

どこへ行っても天候が安定しない梅雨のこの時期、『絶好調!』と言うわけにはいきませんが、鮎師としては竿を出さないわけにもいかない(笑)
なんとか今日も頑張って、鮎たちと格闘してくださいな!
僕も、遠くからしっかりと応援してます(^O^☆♪







nice!(1)  コメント(0)