So-net無料ブログ作成

2018-07-15

平成30年 7月15日 (日) AM 4:50 晴れ 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
もうこれ以上は減らないのではないか?と思えるほどの超渇水 。゚(゚´Д`゚)゚。
水温も朝から温く、日中は、流れの淀んでいるようなところに引き舟を置いておくと、中の鮎が弱ってしまうような温度になります。
少し流れのあるような場所に、もしくは流れの底の方にオトリカンや引き舟を伏せるようにして下さい。

さすがにそんな超渇水に高水温…鮎たちは群れてしまって、追い気があまり見られません。
瀬の中に付いていた鮎は、散々攻められ釣られて少なくなったのに、水が少ないために、次に瀬に入ってくる鮎がなかなかトロ場から出て来れない感じです。
そんなわけで、浅い瀬は垢腐れ。釣果も一時ほどではなく、ポツポツとなりました。

がまかつフィールドテスターの西尾さんは、昨日は岡本の岩盤で15匹くらい釣ったそうですが、『岩盤の強い白波の中だけ掛かったけど、竿抜けだね。それも午前中だけで、午後はさっぱり釣れなかった。一度抜いてしまうと次が掛からないねぇ。鮎が入ってこないんだね』おっしゃっていました。
そんな状態ですから、今の鬼怒川の狙い目は深瀬や瀬落ち。そしてトロ場でしょうか?
そんな場所のヘチの方に、いくらかでも食み跡があるようならば有望かもしれません。
泳がせて狙ってみてください。

今年は梅雨明けも早く、7月に入ってから続く夏日、猛暑日せいか、鮎たちは例年よりも早めの土用隠れになりつつあるようです。
それでも水が動けば、鮎たちのやる気スイッチも入ってくれるんでしょうけれどねぇ(^^;;

さて、今日も引き続き猛暑日の予報です。
渇水の鬼怒川、身体を冷やす深いところも少ないですから、こまめに水分を補給して、合間に身体を休めて下さいね。
出来ればウェーダー(胴長)よりも水が入るタイツをお勧めします。
ウェーダーしか持っていない方は、休憩時に脱ぐだけでもだいぶ楽になりますので、お試しください。
それでは今日も怪我なくトラブル無く、楽しい一日をお過ごしくださいませ(*^ω^*)
nice!(1)  コメント(0)