So-net無料ブログ作成

2018-07-13

平成30年 7月12日 (木) AM 5:15 晴れ 水位 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
もちろん濁りもなく、釣りになります。

さて昨日の鬼怒川ですが、平日の割にはけっこう釣り人が入ってくれました。
ただ、人の多い場所と、ほとんどいない場所の差が激しく、それがそのまま釣れる場所と釣れない場所の色分けになっているかのようです。

そんな釣り人の多い当店上では、幸手市の大島さんが18匹の釣果!
トロ瀬を上手く泳がせての釣果でした(*^_^*)
IMG_1224.JPG

また、群馬からいらっしゃった根岸さんが瀬を攻めて18匹の釣果。こちらは4時頃と早めの竿しまいでしたから、もう少し遅くまで釣れば20匹を超えてたかも?(*´∀`)♪

柳田近辺を攻めた墨田区の中村さんは、釣り人の多い橋周りから少し歩いて、人が攻めていない場所で26匹の釣果でした\(^-^)/
『朝のうちはあまり掛からなくて、釣れだしたのは10時過ぎから。型が揃っていて、追い星がしっかり付いた引きの良い鮎が多かったです。このままいけば、夕方入れ掛かりかな?…と欲を出したら、4時頃からあまり釣れなくなっちゃった(^^;) 』と帰りに釣果報告を頂きました。 ちなみに同行のお友達は、釣り人のたくさん入っていた橋の下を攻めて15匹だったそうです。
IMG_1223.JPG

ここに来て、今まであまり釣れなかった少し深い場所でも、いくらか釣れるようになってきました。
瀬落ちの深みやトロ場で、跳ねが見られたり、石垢に食み跡があるようならば、そんな場所を泳がせてみると良いかもしれません。
釣った鮎を食べてみるとわかりますが、少しずつ背中に脂が乗り始めましたので、身体が成熟してきたのでしょう。皮も少し硬くなってきましたから、あまり軽いハリだとケラレたり、深く刺さらずにバレたりするかもしれません。
ちょっと重めのハリもポケットに入れておいて、場面によっては使ってみると良いかもしれませんね。
何れにしても、これ!と決めずに、場所も仕掛けも釣り方も、いろいろと変化をつけて攻めれば、いつもよりも釣果が伸びる可能性があります。
まずはトライしてみましょう(*^_^*)

今日は昨日と違って、強い陽射しが戻ってくるそうです。
気温もかなり上がる予報ですから、こまめに休憩を取ったり、水分を補給補給するなどの熱中症対策をお忘れなく!
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみ下さい\(^-^)/
nice!(1)  コメント(0)