So-net無料ブログ作成

2018-07-05

平成30年 7月 5日 (木) AM 5:20 曇り 水位 -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも15cm減くらいです。
昨日の夜から降る雨で、いくらかですが水が増え、うっすらと濁りも入りました。
もちろん釣りにならないほどの水量や濁りではなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
ただ今日は一日雨模様の予報の上、昨日に引き続き風が吹きそうです。
極端な大増水にはならないと思いますが、川に入る方は水位の変化に気を配って、風で竿を折るなどのトラブルないように、十分注意してください。

さて、昨日は午前中からいくらか竿を絞る姿をあちこちで見かけました。
風で波が立って、鮎たちの警戒心も薄れたのか、いつもよりもたくさんの跳ねも見られました。
釣果の方も、まだまだ十分というには程遠いですが、それでも午前中で5〜10匹くらい釣った方は多かったのではないでしょうか?
ただ、9時過ぎくらいから次第に風が強くなり、昼頃には竿をしまう方々が次々と…
午後3時を過ぎた頃には、川にはほとんど釣り人の姿が見られなくなりました(^^;;
まぁ、鮎を釣るよりも、竿を折らない方の選択が懸命!
まずまずの出だしだっただけに残念な一日となってしまいました。
千葉からいらっしゃった清水さんもそんなおひとりで、『水辺の楽校に入って、やっとまずまずのサイズが釣れだしたと思ったら風で納竿(泣) ポイントも分かってこれからだったのになぁ…』と残念そうに帰って来ました。

IMG_1148.JPG
また宇都宮市の阿久津さんも、当店の橋上の方でちょうど10匹釣ってきましたが、『風で掛かっているのがわからないほどでした。取り込む時にもバレてしまったり…でも思ったよりも釣れたので良しとします』報告をくれました。
IMG_1143.JPG
お二人とも、夕方まで竿を出せれば、この倍くらいの釣果にはなったはず!
本当にもったいない一日となってしまいましたねぇ.°(ಗдಗ。)°.
それでもトラブル無く帰ってこられただけで、良しとしましょうね(*^^*)

さて、今日から続く雨が、今後の鬼怒川の鮎たちにどんな影響を及ぼすのか?
適度な増水ならば、トロ場に群れていた鮎たちが散らばって、いよいよ瀬の中に入ってくれるような気がします。
とにかく大増水や、ダムの放水になるような大雨にだけはなってくれない事を祈りましょうね!

nice!(1)  コメント(0)