So-net無料ブログ作成

2018-07-25

平成30年 7月25日 (水) AM 5:18 曇り 水位 ー20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
昨日とほぼ変わらず、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日もかなり暑い一日でしたが、鬼怒川にはたくさんの釣り人が訪れてくれました。
特に熱中症になったとか、怪我をしたというお客様も無く、みなさんが無事に一日を過ごせて何よりです(*^o^*)
釣果情報ですが、当店橋上の瀬落ち付近の緩いトロ場を攻めた方は『あまり釣れなかった』とか。
先週あたりまではこの辺りに釣り人が集中していたのですが、ここ数日は瀬に多くの方が入っていますから、今はトロよりは瀬なのでしょうか?
ところが柳田大橋近辺のそんなトロ場を攻めた墨田区の中村さんは28匹も釣ってきました(´⊙ω⊙`)
一概にトロ場がダメだと言うわけではなさそうです。
釣れるトロ、釣れないトロ…食み跡や跳ねを見て、判断するしかありませんね。
IMG_1344.JPG

逆に瀬を攻めて釣ってきたのは東京の早川さん
夕方2時間ほどで12匹(*'▽'*)
『夕方4時頃から川に入って6時半くらいまで竿を出しました。短時間の割には良く釣れて、型も良かったですよ(*^o^*)強い瀬の中と、そこから開く波立ちで良く掛かりました!日中いた人はみんな帰ってしまったようで、誰もいなくなっていましたから昼間はあまり良くなかったのかもしれません。静かになると、夕食みに鮎が入ってくるのかもしれませんね。』
釣ってきた鮎は全体的に型が良く、最大は24cm!
太っていて、見事な鮎でした(≧∇≦)
IMG_1343.JPG

昔から友釣りに伝わる言葉に、『朝瀬、昼トロ、夕上り』とありますが、まさに今はそんな感じなのかもしれません。
何れにしても、立つ位置の足元に食み跡があるのかどうか、跳ねはあるのかどうか?それを確かめながら竿を出す場所を決めてください。
あまり反応が無いようならば、まずは食み跡探し!
そして釣りをしながらも、周りを良く観察して、跳ねはどこであるのかを確認していれば、次に攻める場所も見えてきます。
そんな風に一日の釣りを組み立ててみてください。
きっと少しだけでも釣果が上がるかもしれません(*^o^*)

さて今日は暑さも少しだけ和らぐ予報です。
ちょうど良い釣り日和になるでしょうか?
それでも油断大敵!
天気予報なんて信じちゃイケマセン(笑)
十分な熱中症対策をして、川に出かけてきてくださいね。
それでは今日も一日、楽しくお過ごしください(*'▽'*)

nice!(1)  コメント(0) 

2018-07-24

平成30年 7月24日 (火) AM 6:05 晴れ 水位 ー20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cmくらいです。
昨夜、夕立がありましたが、山間部はまったく降っていないらしく、水位に変化はありません。
もちろん濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は月曜日ということもあって、久しぶりに閑散とした鬼怒川でした。
そんな中、今シーズンまだ川も歩いてなかった場所で、川見がてら竿を出してみました。

朝イチは水辺の楽校の下流から桑島大橋近辺で、7時から11時までの4時間。
朝はまったく反応がなく、1時間半ほどボーズ(^^;;
9時近くにやっと1匹釣りましたが、真っ白な鮎で、きちんと石に付いていない感じ。
さすがにこれで諦めて、歩いて橋上のザラ瀬に移動。
瀬肩にいくらかの食み跡はあるものの、瀬の中は垢が腐っていて、あまり鮎のいる気配を感じませんでしたが、それでもザラ瀬の中にオトリを入れると、付いている鮎がいればすぐに掛かります。
ただし、連チャンで来るようなことはなく、拾い歩く感じの釣り。
10時半を過ぎた頃からパタパタと掛かりましたから、時間的にも良かったのかもしれません。
追い星はしっかり出ているので、ヤル気のある鮎はいるのですが、「数は少ないのかなぁ…」と言うのが実感でした。

IMG_1323.JPG

所用があって一度川から上がり午後の部…と言うよりも夕方の部(^^;;
3時半から6時半までの3時間。
朝イチに竿を出したところは、食み跡があったのに掛からなかったことが気になり、もう一度チャレンジしてみました。
先客がいらっしゃったので、邪魔をしない緩めの瀬落ちからスタートしましたが、やっぱりサッパリ掛からず。
40分ほどすると先客の皆さんが全員帰ったので、一番気になっていた強い瀬に移動。
オトリを入れた途端に強いアタリで、なかなかの良型が掛かってくれました(*^o^*)
川の中を歩いていないので、底石がわからず、オトリのなじみの良いところ、波の中の小さなヨレを探っての釣りでしたが、居ればすぐに掛かり、ひったくるような強いアタリ!
型は21cm平均くらいで、時折22cmくらいが混ざる程度でしたが、良く太っていて、引きも強い鮎でした。
時間のわりには良く釣れたのですが、ただここもやっぱり入れ掛かりと言うのには程遠く、ポツポツと拾い歩く…と言った感じ。
誰もいなかったから数が釣れただけで、混雑するとちょっと厳しい場所かもしれません。
IMG_1324.JPG

昨日竿を出した感じからいえば、やはり午前中はあまり強い瀬には鮎が付いていないような気がします。日中は竿を出していないのでわかりませんが、夕方には鮎たちもそんな強い瀬にキチンと食みに出て来ます。
今年の鮎の傾向としては、瀬落ち付近よりも、瀬肩に近い方が鮎の数は多く感じていますが、昨日竿を出した場所も、まさにそんな感じでした。
下手くそな僕の感想ですから、参考になるかどうかわかりませんが、どこか頭の片隅にでも入れておいてください(笑)

さて、今日も相変わらずの猛暑日の予報です(^^;;
熱中症にならぬよう、こまめに水分を補給して、適度な休憩も忘れずに!
そうそう…鬼怒川もだいぶ水温が高くなっています。
朝早くから川に入る方は大丈夫ですが、日が高くなってから川に入る場合、井戸水で飼っている養魚場さんのオトリをそのまま川につけると、オトリがまいってしまいます。
丁寧に水合わせをするか、川の水を使っているオトリ屋さんで購入した方が良さそうです。
オトリ缶や引き舟も、ヘチの流れが淀んでいるところに浸すのではなく、キチンと流れが活きているところに浸けてくださいね。
釣り人もオトリも熱中症注意!…です(*^o^*)

nice!(2)  コメント(0) 

2018-07-23

平成30年 7月23日 (月) AM 4:55 晴れ 水位 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
もちろん濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日の日曜日は、本当にたくさんの釣り人が鬼怒川に入ってくれました。
混雑の中の釣りですから、釣れた人、そうでない人…様々でしょうけれど、熱中症になられた方もいなかったようですし、皆さんが一日無事に過ごされたようでナニヨリです(*^o^*)

釣果の方は、それなりの場所に入った方々は、全体的にわりと釣れたのではないかと思っています。
柳田大橋近辺も芳賀町の鈴木さんは、お昼までに10匹くらい釣れたと電話を頂きましたし、那須からいらっしゃった佐藤さんも最終的に13〜14匹の釣果だったそうです。
画像を送ってくれたのは、宇都宮市の横山さんで、『昼過ぎから夕方まで頑張りました!釣果は、橋の下流で11匹、5時頃から橋の上のトロ場で3匹追加して、合計は14匹でした。小ぶりなのもいくらか混じりましたが、全体的に20cm超えが多く、楽しかったです(*^o^*)』

IMG_0590.JPG

場所は友達に教わったから秘密。ごめんなさいねm(._.)m…とやって来たのは宇都宮市の梅沢さん
『16匹釣れました(*^o^*)瀬の中を中心に攻めたんですけど、型は良いし、引きも強くて、本当に面白い釣りが出来ました!最初はハリが小さくて、バラしたりケラレたり…メタルの付け糸も細かったから取り込みに時間が掛かったり…(^^;; 付け糸を太くして、ハリを大きくしたらちゃんと獲れました。もうそろそろ、仕掛けもワンランク太くしなくちゃダメですね』
なるほど、見せてもらったら、しっかりと太っていて、なかなかのサイズ。。。これは付け糸を太くしなければ切れちゃうかもしれませんよね〜。
でも、切れるか切れないか、バレるかバレないか…のドキドキが鮎釣りの魅力!
楽しかったろうなぁ(≧∇≦)

IMG_1303.JPG

新鬼怒橋の下流に入った堀江さんも帰りに寄られて、『まずまず釣れたよ。周りでもけっこう掛かっていたよ。鮎はいるから心配しないでね』と毎日ここに書き込む文章を悩みながら考えている僕を心配して、声をかけてくれました。
本当にありがたい限りですm(._.)m
こんな方々に支えられて、これからもなんとかシーズン終了まで情報をお届けしますね!

さて、今日も暑い一日が始まりますよ〜!
水に浸かればいくらかは涼しく感じますから、家にいるよりは川へ出かけて来てくださいね。
ただし…くれぐれも十分な熱中症対策をお忘れなく!
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみください(*^o^*)

nice!(1)  コメント(0) 

2018-07-22

平成30年 7月22日 (日) AM 5:08 晴れ 水位 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

毎日続く猛暑、そして一向に振らない雨…せめて雷雨でもあれば、トロ場に群れている鮎たちも、瀬の中に入ってくれるのでしょうけれど(^^;;

どこの瀬も、膝からせいぜい腿くらいまでの深さしかなく、そんな場所を多くの釣り人が毎日攻めているものですから、そうそうパタパタと釣れると言うわけにはいかないようです。
それでも、上下にそこそこの深みのあるトロを抱える瀬では、ポツポツとですが釣れ続けています。
当店の上の瀬も、入れ掛かりこそないものの、見ていると掛かっている釣り人を良く見かけます。

とにかく今はじっと我慢の子!

動けるスペースがあるのならば、食み跡を確認しながら場所を移動できますが、混雑時にはそうも行かず、ポツポツでも掛かる場所を丁寧に攻めてみるしかありません。
そうすれば、なんとかツ抜け前後の釣果は見込めるのではないでしょうか?

そんな瀬と違って、トロ場には鮎がまとまっています。
ただ、先ほども書いたように群れていますから、なかなかオトリに反応してくれません(^^;;
それでも上手くハマる場所は、大釣りしてくる方もいらっしゃいます。
昨日も墨田区の仲村さんは、そんな深場を攻めて25匹の釣果でした。
『前に来たときに良い釣りが出来たので、今回も同じ所釣りました。周りよりも少し深くなっているところを泳がせると、良く掛かります。型も揃ってきたし、今年は鬼怒川で楽しませてもらってます(*^o^*)』とありがたいお言葉をいただきました(๑>◡<๑)
仲村さん、いつもいつも帰りに寄っていただき、感謝ですm(._.)m
IMG_1296.JPG

鬼怒川の鮎たちも、だいぶ大きくなってきましたので、無理は禁物!
丁寧にやり取りして、確実に1匹をものにしてくださいね。
写真は、昨日の午前中の1時間ちょっとで6匹釣ってきた高田さんの釣果ですが、最大は24.5cmほどでした。
IMG_1291.JPG
こんな鮎も掛かるようになりましたから、仕掛けやハリは少し大きめのものを用意した方が良いかもしれません。
とにかく、掛けたらバラさないようにね!^_−☆

さて、今日は朝から蒸し暑くなっています。
十分な熱中症対策をして川へいらっしゃってくださいね。
怪我なくトラブル無く、楽しい一日をお過ごしくださいませ(*^o^*)

nice!(2)  コメント(0) 

2018-07-21

平成30年 7月 21日 (土) AM 4:30 曇り 水位 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
もちろん濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は朝のうち、いくらか涼しかったのですが、日中はいつも通りの蒸し暑さ(^^;;
そんな中、大勢の釣り人が頑張って竿を出していました。
昼間時間があったので、少し川を歩きましたが、時間帯が悪かったのか、なかなか竿を絞る姿には出会えませんでした。
それでも『朝のうちに少し釣れたよ』と言うつくばナンバーの方や、竹やぶ前で昼前に7匹釣ったと言う方がいらっしゃいました。
不思議なもので、ひとりが竿を絞ると、周りでも掛かっていて、鮎たちがヤル気を出す瞬間は一斉です。
しかし「これで掛かり出すのかなぁ」と思えば、それっきり…
なかなか入れ掛かりとはならないようで(^^;;
そんな風にポツポツと釣れて、なんとかツ抜け出来るか出来ないかくらいが、いまの鬼怒川の実情でしょうか?

そんな中、さいたま市の横田さんは、柳田大橋近辺に入って『今日は13匹掛けて、2匹バラシの11匹で終了でした』とわざわざお電話で釣果報告をくれました(*^o^*)
遠方からいらっしゃったので、たぶん遅くまでは竿を出していないでしょうから、じゅうぶんな釣果ですよね!

鬼怒川の鮎たちは、平均に大きくなってきています。
週末の混雑時には、無理に引き抜いたりしてしまいがちですが、下流の方に声を掛けて、ゆっくりと取り込むようにしてくださいね。
この時期の1匹のバラシは、1日の釣果を大きく左右することがあります。
周りに方も、声を掛けられなくても、気がついたら少しだけ竿をあげて、取り込む場所を譲ってあげてください。
お互い様ですから(o^^o)

今日も猛暑日の予報になっています。
無理をせず、適度に休憩を挟んで釣りをなさってくださいね。
また時折、川の水を袖にかけたり、タオルを濡らして首筋を冷やしたりすると楽になります。
じゅうぶんな熱中症対策をお忘れなく!
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみください\(^^)/

nice!(1)  コメント(0) 

昨日は良い情報がいくつか入りました(*^o^*)

平成30年 7月20日 ( 金) AM 5:10 曇り 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

さて、昨日はいくらかの釣果情報を頂きました(*゚▽゚)ノ
一番最初に帰って来たのは幸手市の大島さん
ゆっくりと当店の橋上に入って15匹の釣果!
『先週は型が小さかったけれど、今日はまずまずの良型が揃いました。瀬落ちで泳がせて良く釣れました。追い星も強く出ていて、引きも良かったですよ(*^o^*)』
大島さん、いつもいつもご報告を頂き、本当にありがとうございますm(._.)m
IMG_1285.JPG

次にやって来たのが宇都宮市の篠崎さんで、『どうでした?』と聞けば、『今日は良く釣れたよ!昼過ぎに岡本地区に入ったんだけど、21匹だった。長さは21〜22cmくらいなんだけど、太っていて良い鮎だよ〜。明日も行かなくちゃ!』と笑顔で教えてくれました。

写真は明日のオトリを除いた19匹です。
IMG_1286.JPG

ここのところ、今ひとつ良い情報が聞けなかった岡本地区ですが、いよいよ復活でしょうか?
ここで掛かれば間違いなく太っちょの良型!少し太めの仕掛けと大きめのハリで臨んでくださいね(*^o^*)

そして昨日もトリは墨田区の仲村さん!
いつも最後の一人になるまで頑張ってくる仲村さんは、昨日はなんと30匹ちょうど(@_@)
『ここのところずっと通っている柳田地区に入ったけど、今日は今シーズン一番でした(*^o^*) 深場を泳がせて良いペースで釣れましたね。周りの方もけっこう釣っていたと思いますよ。ただここのところ、なぜか4時を過ぎる頃からあまり釣れなくなっちゃう(^^;; 浅いところに食みに出ちゃうのかなぁ?いつもならばこれからの時間帯なのにね。でも今年は鬼怒川で楽しませてもらってます(*^o^*)』とありがたいお言葉を頂きました。
IMG_1284.JPG

それにしても、昨日は私が思っていたよりも釣れたのでしょうか?
正直言って、水が動かなくて『今日は厳しいのかなぁ?』と思っていたのですが…(^^;;

最も超渇水ゆえ、どこでもたくさん釣れると言うわけにはいかないのは確か。
食み跡や跳ねを参考に、上手く場所を見つけるか、ダメならば少し動いて攻めるかすれば、10匹前後は釣れるような気がします。
そしてハマれば、引きの良い良型が20匹以上なんて事もあるでしょう。
ぜひそんな釣りを夢見て、鬼怒川に遊びに来てくださいね!
お待ちしておりま〜す(*^o^*)

nice!(1)  コメント(0) 

2018-07-19

平成30年 7月19日 (木) AM 5:50 晴れ 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
もちろん濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日も平日のわりには、鬼怒川にはたくさんの釣り人が訪れてくれました。
県外からいらっしゃった方々も多数。
本当に心より感謝ですm(._.)m

当店上でも、見ているとポツポツと掛かっていましたが、混雑のためか、無理して引き抜いてバラしている姿も…(^^;;

この時期、なかなか難しいのですが、鮎の皮も硬くなり始め、そして思っているよりもサイズが大きくなっていたり、また追いが弱い時間があったりと、キチンとハリ乗りしない傾向が多くなります。
名人の方々が、良くハリ合わせ…と言われますが、われわれ素人にはそうそう分かるものではありません。
ただ、分からないなりに何かを変えるだけでもケラレやバレを防げることもあります!
ですから、なんとなくグツグツっと来ても掛からないとか、浅掛かりでバレてしまったりとかした時には、いま使っているハリを、別のタイプのハリに変えてみましょう。
例えば3本錨を使っていたら4本錨に変えるとか、錨からチラシに変えるとか…
そんな些細なことだけでも、キチンと一匹の鮎を取り込めるかもしれません。
一匹獲れれば、友釣りはガラッと展開が変わる時があります。
何より、ハリを変えれば、ハリ先は新しく、刺さりやすくなります!
これが一番の理由かなぁ(^_^*)

さて今日も昨日に引き続き、異常なほどの猛暑日の予報です。
毎日書きますが、無理をせず、こまめな休憩と水分補給をお忘れなく。
暑くなったら、川の水を体にかけて、袖を濡らすだけでも少し楽になりますよ少し楽になりますよ(*゚▽゚)ノ
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみください。
p
nice!(1)  コメント(1) 

意外に瀬の中で掛かりました(*^^*)

平成30年 7月18日 (水) AM 5:19 曇り 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
昨日は雷雨もなく、相変わらずの超渇水のままです。

さすがに三連休の後とあって、昨日の鬼怒川はわりと空いていました。
それでも良いポイントのは釣り人の輪 (笑)
自由に動けるほどのスペースはありませんでした。
少しだけ水が動いたせいか、見ていると瀬の中でもポツポツと釣れていて、型も良さそうな鮎でした。

宇都宮市の阿久津さんは、増渕おとり店下から当店上あたりまでを釣って、午前9時から午後3時までに11匹の釣果でした。
『瀬肩から釣り始め初めの30分は釣れず、少しずつ瀬に入ると釣れ始めました。小さめなのは辺地で掛かり、大きいめのが瀬の芯少し脇で掛かりました。太さもあり楽しめました。またオデコにならず、ツ抜けまで出来て、今日は目標達成です\(^o^)/瀬では3匹も勢い強すぎて、掛けても落としてしまいました。難しく楽しい引きでした』
IMG_1257.JPG

また、水辺の楽校では、宇都宮市の小林さんが午後から10匹ほど。瀬で掛けたそうです。

私は朝から野暮用があって、竿を出せず…それでも夕方に少しだけ時間ができたので、午後4時半過ぎに川に入りました。旧中妻オトリ前から下流の瀬を、食み跡を見ながら釣り下りましたが、食み跡はけっこうあちこちに入っています。ただ、ヘチの小石の方が良く食んでいて、群れている鮎が多いような気がしました。
瀬の中だけを中心に攻めてみましたが、なかなか入れ掛かりになるようなことはなく、ポツポツと拾い歩く感じ。それでも終わってみれば、23cmを頭に8匹ほど釣れてくれました(*^^*)
あたりが薄暗くなる7時くらいまで竿を出しましたが、さすがに釣れません(^^;;
それでも、人が居なくなった6時から6時半くらいに、けっこう良いアタリで釣れてくれましたから、諦めずにやってみるもんです(笑)
静かになると、群れている鮎たちが、食みに出てくるのかもしれませんね。

さて、昨日も異常なくらいの蒸し暑さでしたが、今日も昨日同様の猛暑日の予報です。
ウェーダー(胴長)よりは水が通るタイツで川に入る事をお勧め致します。
タイツが無く、ウェーダーで釣りをなさる方は、休憩時にウェーダーを脱いだり、釣りをしている時は座って出来るだけ水に浸かって身体を冷やすなどの工夫をして、熱中症にならないよう心がけてくださいね。
釣果よりもまずは健康!
怪我なくトラブル無く、楽しい一日を過ごせますように(*^^*)
nice!(1)  コメント(0) 

2018-07-17

平成30年 7月17日 (火) AM 5:14 曇り 水位 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
朝にはすっかり戻ってしまいましたが、昨日の夕方の夕立で少しだけ水が動きました。
薄暗くなる頃に、鮎たちは瀬肩でたくさん跳ねていましたので、いくらか瀬の中に動いてくれたでしょうか?
まったく水が動いていないよりは、多少の変化でも、チャンスがあるかもしれません。
今日はまずは瀬肩からザラ瀬へ!

さて、昨日も鬼怒川にはたくさんの釣り人が訪れてくれました。
釣果情報はさほどありませんでしたので詳しくはわかりませんが、見ている限りでは、ポツポツと竿を絞る姿が見られました。
思っているよりも良かったのかもしれません。
ツ抜け出来た方も多かったのかなぁ…

帰りにお店に寄ってくれた宇都宮市の堀江さんは、2時過ぎに柳田大橋に入ったものの、橋下に釣り人が多く、人のいないところを攻めたそうです。
『でも、やっぱり人がいないところは釣れないね(^^;) 人が少なくなってから、気になった場所を攻めたら、1時間で9匹も釣れたよ!雷が鳴らなければ、もう少し釣れたんだけど、まぁ型も揃ったし、入れ掛りで楽しかったよ。鮎はいるよ!(*^^*)』と笑顔で報告を頂きました。

岡本地区に入ったがまかつフィールドテスターの小林さんは、午後2時過ぎから雷が鳴る4時少しまでの正味2時間ほどで14匹の釣果。
『最初は柳田地区に入ったけれど、さほど反応がなかったので岡本に移動しました。岩盤の瀬の中で、けっこう釣れましたよ。いちばん大きいのは23cmで、あとは20〜22cmくらい。けっこう楽しく釣れました(*^^*)』と釣果報告をくれました。
解禁当初から絶好調だったこの地区も、復活の兆しが見えてきたのでしょうか?
IMG_1252.JPG

昨日は当店上の瀬でも、入れ掛かりこそないものの、ポツポツと釣れていました。
昨日、土用隠れの気配と書きましたが、まだ瀬の中に入りたい鮎はいるのですね。
今日は連休明けの平日ですから、釣り人も少ないでしょう。
瀬、トロと上手く攻めれば、そこそこの釣果が得られるかもしれません。
一ヶ所で粘らずに、食み跡、鮎の跳ねを参考に、上手く動いて攻めてみてくださいね(*^^*)

さて、昨日に引き続き、今日も猛暑日の予報です。
休憩時には、川に浸かって身体を冷やすなどして、熱中症にならないように気をつけてください。
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみくださいませ\(^o^)/

nice!(1)  コメント(0) 

2018-07-16

平成30年 7月16日 (月) AM 5:10 曇り 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
昨日とほぼ変わらず、超渇水のままです。

昨日の朝は、釣り人が誰も来ない早い時間から鮎が跳ねていましたが、今まで良く跳ねていた浅い場所ではなく、深いトロ場の方でした。
超渇水で、朝から水温が高いせいもあるのでしょうけれど、やはり土用隠れに入ってきたような感じです。

それでもそんな鬼怒川に、昨日はたくさんの釣り人が訪れてくれました。
本当に感謝ですm(._.)m
なかなか大釣りというわけにはいきませんが、混雑の状況でも、まずまずの釣果を上げてきたも結構いらっしゃいます。

当店の上の瀬では、つくば市の大橋さんは13匹だそうで、『ポツポツと掛かった。人が多くて、動けない中だからこのくらいで仕方ない。』と4時頃にお店に帰ってきました。

また、水辺の楽校に入った東京稲城市の小川さんも13匹(*^^*)
『最初は深いところを攻めていたけれど、川底を見てみたら、意外に手前の浅いところの石がきれいだったので、そこを中心にオトリを入れたら良く釣れました。』との事。
なるほど…やはり食み跡は嘘をつきませんね〜(๑・̑◡・̑๑)

サッカー場の下流の方をあちこち拾い歩いて釣ってきたのが埼玉の方。
『なかなかまとまって釣れるところが無くて、結局はウロウロポツポツでした。でも「塵も積もれば山となる」で、なんだかんだで15匹ほどにはなりました(*^^*)型は大小混じりですねぇ。大きいのは22cm、小さいのは16cmのも数匹いました。』と歩き疲れた顔で帰ってまいりました(^^;;
この暑い中を、本当にお疲れ様でしたm(._.)m

最後にやって来たのは宇都宮市の手塚さん!
新鬼怒橋の下流をあちこちと攻めて、昼から17匹の釣果(*゚▽゚)ノ
『今シーズン3回目だけど、今日は思ったよりも良く釣れて楽しかったです(^。^) 瀬の中はけっこう強いアタリで、良いサイズの鮎が釣れました。緩いザラ瀬は少し小ぶりなのが多かったけど、追い星は強く出てましたよ。帰って初物をみんなで食べなくちゃ!』と満面の笑顔でご帰還。
なんだかこちらまで嬉しくなる報告を頂きました(≧∇≦)
IMG_1245.JPGIMG_1246.JPG

この他にも、見ていてポツポツと掛けていらっしゃる方々がけっこういましたので、おそらくツ抜けくらいはしているのではないでしょうか?
昨日は、思ったよりも釣れた感じがした鬼怒川でした(^O^)

現在の鬼怒川は、天然河川のような30匹も40匹もと言う大釣りは正直言って望めませんが、こんな混雑の中でも、それなりに良く引き、走り回る、20〜21cmくらいの鮎がほどほどに釣れてくれます。
今日は3連休の最終日。
ぜひ鬼怒川の鮎たちと遊びに出かけて来てください。
お待ちしております\(^^)/

nice!(1)  コメント(0)