So-net無料ブログ作成

2018-06-08

平成30年 6月 8日 (金) AM 5:08 曇り 水位 -25cm

関東地方梅雨入りがいよいよ本格的になってくるようでございます(>人<;)

お天気が良いのも今日までか?

そんな梅雨入り前のお日様に誘われて、昨日の鬼怒川は大勢の釣り人で賑わいました。
釣れた人、釣れなかった人…様々だったようですが、流石に良い場所でも、毎日攻めていれば川荒れしてきます(^^;;
中にはそこそこの釣果をらあげる人もいらっしゃいますが、皆んながみんな、釣果が良いと言うわけにはいかなくなってきました。

釣ってきた方は、今まであまり釣り人が入っていなかったような所。
博打にはなってしまいますが、それも釣り!
大釣りを夢みてトライしてみてはいかがでしょうか?

人気ポイントに入ってそれなりの釣果を上げてきたのは埼玉の松本さん
所用があって早上がりでしたが、サッカー場下流で16匹。
「混雑していて、竿の間隔が狭かったから、無理に引き抜いてバレや身切れが多かった(^^;; ちゃんと取れあと7?8匹は追加できたかなぁ」だそうです。
松本さん、携帯のバッテリー切れで、お写真を撮れなくて申し訳ございませんm(._.)m

逆に、あまり釣り人が攻めていない上流部で釣ってきたのが宇都宮市の小林さん
なんと半日で35匹!
同行のお友達も、2時間半で22匹の釣果との事。
あまりに釣ってきたので、詳しい場所は聞けませんでした(^^;;
だって、自分で頑張って探した場所ですものねぇ。
聞くわけにはいきません!(笑)
ただ、午後の水温が高くなった時間帯だったせいもあり、釣れたのは変化のある瀬の中との事でした。

相変わらず、朝のうちはポツポツと掛かる程度でシブいのですが、10時を過ぎた頃から鮎の活性があがり、昼過ぎからはまずまず釣れます。広いトロ場は、鮎がたくさん跳ねていますが、渇水のせいか群れ鮎。
こんな鮎を釣るのは、かなり難しくなります。
ところがこの群れ鮎が、朝夕は瀬肩の波立ちに食みに出てきます。
ですから、特に『夕方瀬肩』上手くハマれば入れ掛り
昨日も当店上の瀬の瀬肩の方は、見ている間に4匹ほど連チャンしていました(^。^)
朝も夕も、釣り人が少なく静かな時は、こんな場所が狙い目です!
そして、水温が上がってくれば波立ちの瀬。
上下に鮎のいるトロ場があれば、そこの鮎が瀬に差してきます。
そんな風に、一日の釣りを組み立ててみてくださいね。
いくらかは釣果が上がるかもしれません(o^^o)

今日も、日中はかなり気温が上がる予報です。
熱中症にならぬよう、こまめな水分補給と休憩をして、安全にお過ごしくださいね。
それでは今日も、鬼怒川の鮎釣りをお楽しみください\(^^)/




夕方、当店上で入れ掛かっていたのはこんなところ(*^^*)
IMG_0886.JPG


nice!(1)  コメント(1)