So-net無料ブログ作成

今日はまずまず好調(≧∀≦)

平成30年 6月 5日(火) PM 9:40 曇り 水位 -25cm

昨日は解禁翌日で釣り荒れたせいか、厳しい釣果の一日でしたが、今日はまずまず好調\(^^)/
さすがに極端な大釣りはなかったものの、20匹前後の方が結構いらっしゃいました。

それでは、本日写真を撮らせていただいた方々で〜す(*^^*)

今日最初に釣果報告にお寄り頂いたのは、葛生からいらっしゃった広瀬さんは、なんと御歳85歳!
サッカー場の下流部に入って、午後2時半くらいまでに22匹の釣果でした。
「アタリも良かったし、型も良くて最高に楽しい釣りだった(≧∀≦) 」と満足顔でご報告を頂きました。
仕掛けはナイロンの0.15号(´⊙ω⊙`)
流石です!
IMG_0865.JPGIMG_0866.JPG

次にやってきたのが、板戸大橋近辺を攻めた宇都宮市の増渕さん
「昨年と川が変わってしまったので、上手く場所を見つけられず、さっぱり釣れなかったけれど、午後2時頃に動いた場所が上手く当たって、1時間半で10匹ほど釣れました(*^^*) 数よりも型が揃って大きかったので、十分満足出来ました(≧∀≦)」
確かに長さは極端に大きくないものの、まるまる太った幅の広さにビックリ!
本当に素晴らしい鮎でした。
IMG_0867.JPGIMG_0868.JPG

それから間も無く、栃木市の川上さんがいらっしゃって、「午前中さっぱり釣れなくてどうしようと思っていたら、昼頃からパタパタと掛かってくれました(*^^*) いやぁ楽しかったですよ〜」と笑顔で釣果報告を頂きました。
釣果は、柳田大橋近辺で17匹でした。ほぼ午後から釣れたそうです。
IMG_0871.JPGIMG_0872.JPG

当店上の瀬肩を泳がせた宇都宮市の加藤さんもほぼ同時にご来店(*^^*)
日曜日の代休を半日もらって午後1時過ぎからの釣行で26匹釣ってきました\(^^)/
瀬肩の浅いところを泳がせて釣ったそうで、型は少しばらつきますが、それでも午後からの釣果としてはお見事! 「浅い瀬肩石が食み跡でピカピカだったのでオトリを獲るつもりで竿を出したら、意外にポツポツと掛かり、結局最後まで同じ場所で頑張っちゃいました(笑) 釣り人が帰り始めて静かになった4時半過ぎから入れ掛りになりました!久しぶりに面白い釣りが出来ました(*^^*)」
釣ったのはヒザくらいの深さの瀬肩だそうです。やはり鮎たちは、静かになると、こんな場所に夕食み出てくるのですね。
IMG_0864.JPG

そして最後の真打ち登場は『今日の仙波さん!』
「10時半に川に入って、午前中は小ぶりの鮎が5匹くらいしか釣れず。昼食をのんびり食べてたら、周りでポツポツと良型が釣れていたので、慌てて竿を出しちゃったよ〜(^^;; 昼過ぎは型もぐ〜んと良くなって、掛かるペースも悪くなかったね。」だそうです。
確かに本日釣果を聞いた皆様も、口を揃えて「昼過ぎが良かった」。特に午後2時くらいからは良型が掛かり始めたとおっしゃっていました。
IMG_0869.JPGIMG_0870.JPG

この他にも、写真は撮れませんでしたが、釣果報告を頂いた方がいらっしゃいます。
埼玉の松本さんはサッカー場下流で25〜26匹。
グリーンパーク周辺で釣った方は「20匹までは数えていたけど、詳しくはわからない。30匹くらいだと思う」とおっしゃっていました。

場所は詳しく聞けませんでしたが、28匹の方。24匹の方。17〜18匹の方と、数名の方々が釣果報告をくれました。
あらためて、本日の釣果を教えて頂いた皆様に、感謝申し上げますm(._.)m
お疲れのところ、本当にありがとうございました。

明日の天気が心配ですが、いくらかでも今日のような釣りが出来ると良いですね(*^^*)



nice!(0)  コメント(0) 

さすがにキビシー(^^;;

平成30年 6月 5日(火) AM 5:00 晴れ 水位 -25cm

絶好調だった解禁日…しかしさすがに一番鮎は抜かれてしまったのか、昨日は数も型も落ちてしまいました。
水でも動けば、また新しい鮎が瀬に入ってくるのでしょうけれど、解禁日よりも少し水位が下がって、鮎たちは群れて逃げ惑うばかり(^^;;

さすがにキビシー一日でした。

柳田近辺も当店周りも水辺の楽校も、どこも20匹も釣れば最高で、ツ抜け出来ない方々も多数いらっしゃったかもしれません。
特に朝早い時間帯は鮎の活性も良くなかったようで、午後2時を過ぎる頃から、やっといくらかあちこちで竿が立ち始める状態でした。
それでも何人かも釣り人に釣った鮎を見せて頂きましたが、まだ冷水病の気配は無し!
型は小ぶりでも、追星もしっかりと出てる鮎もいますし、わりとプックリとしていますから、なんとか頑張ってくれています(*^^*)
水が動けば鮎も動く…しかし冷たい水が出て、病気が発症するよりは、いくらか釣果が落ちても、鮎の身体がきちんと出来るまでは、今の渇水状態でいてくれた方が良いのかもしれません。
とりあえず群れてはいるものの、鮎はきちんと食んで、元気に過ごしています。

辛抱の時期と考えて、まずは鮎の無事を祈りましょう!
そのうち必ず、また大釣りができる状態になってくれると思います(*^^*)

nice!(1)  コメント(0)