So-net無料ブログ作成

祝j那珂川解禁\(^^)/

平成30年 6月 2日(土) AM6:40 晴れ

テルテルボーズさんから那珂川解禁釣行記が届きましたので転載致します。(*^^*)

……………………………………………………………………………………
那珂川解禁、意外な貧果に( ̄▽ ̄;) 

日曜日に見たいい底石が一転泥被り、一昨日の雨が返って川を悪くしたようです。      
濁りと、強風も重なり、何とも難しい川明けになってしまいました。
            
一昨年友人と60匹、昨年は午前で25匹釣れたポイントが3時間で1匹、友人が2匹、時合がまだなのか…とも思いましたが、7時に見切って移動。                   
先客がいなくなった左岸側瀬で泳がせに徹し、30分で良型が6連チャン、後はポツポツ。
写真の通り型が良く追星も出て綺麗な鮎でしたが、いかんせん数が出ない。
強風でのバレも多く(下手な言い訳)て苦戦。             
まだ強い瀬は追いが良くなく、緩くて深めのポイントが良かったです。             
結果16~20cm11匹、友人もチャラでツ抜けはしました。貧果で写真も撮る気が起きません。   
ウェーダーの水漏れと8時からの強風で四苦八苦、11時に精根尽き果てあがりました。

良い情報でないので投稿するか迷いましたが、行きたくとも行けなかった人の参考になればと思い投稿しました。

自然が相手なので良いことばかりはないですね。
勿論沢山釣った方もいるとは思います。
こうなると明後日の鬼怒川に期待するしかなさそうです。明日は友人と最後の川見です。

……………………………………………………………………………………

今年の那珂川の解禁は、テルテルボーズさんも書いたように、朝から少し濁りが入り、一日中風に悩まされ…状況としてはあまり良くなかったようです。
あちこちの釣果情報を集めてみましたが、一日頑張っても、10匹前後の方が多かったようですね。
ただ、掛かる鮎はわりと大き目が多かったようで、7〜8割はオトリサイズだったそうです。
天然鮎はまだ小ぶりで、これが掛かるようになるまでは、少し時間が必要のようですね。
上流部の北部漁協管内よりは下流部の烏山や小川周辺の方がいくらか良い釣果が聞かれましたので、お出かけの方は、そちら方面の状況を調べて出かけてみると良いかもしれません。

さぁ、明日はいよいよ鬼怒川が解禁!
今のところ冷水病の気配はまったくないので、関係者一同ホッとしているところ(*^^*)
水量は超渇水で、ポイントが狭められてしまいましたが、もう少し大きくなるまでは、ヘタな水が出るよりも、このままの渇水の方が良いのかもしれません。
那珂川の上流部で、いくらか冷水病が発症しているようですから、この地区に入って釣りをされた方は、他の地区に病原菌を移動させないために、タイツや足袋を天日干し、もしくはアルコール消毒などで殺菌していただくようお願いいたします。

いよいよ鮎シーズンの開幕!
みなさんが楽しくシーズンを過ごされるよう、心より祈願いたします(*^^*)

180601_102749_ed.jpg
180601_051641_ed.jpg

nice!(1)  コメント(0)