So-net無料ブログ作成

2017-09-07

平成29年 9月 7日(木)AM5:50 曇り 水位 +20cm
今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm高くらいです。
昨日から少し雨が降ったせいで、ほんの少しだけ水が出ましたが、大したことなくすんでいます。濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
ただ、冷たい水が入ったせいか、鮎がトラ場に溜まり始めました。
いよいよ産卵準備の始まりです。
このまま低水温が続いたり、ちょっとした出水があると、一気に瀬付き場が出来るかもしれません。
下流のコロガシ解禁地区では、すでに産卵場である瀬付きが出来ているところもあるようです。
8月の日照時間の少なさと、よく降った雨のせいで、例年よりも10日から2週ほど早いようです。
友釣り師にとっては、本当に残念ですね。゚(゚´ω`゚)゚。
それでもまだ、鮎は精一杯頑張って耐えてくれていますから、そんな鮎の溜まっている場所を攻めれば、意外な大釣りが出来る可能性もあるあります!
テトラが入っているトロや、橋周りの深いところ、また岩盤が入っているトロ場などに鮎が溜まりますから、そんな所で鮎が食べ跳ねているようならば、その前後を狙ってみて下さい。
こんな時期、鮎は警戒心いっぱいで、あまり深追いをしなくなりますので、イカリバリよりもチラシバリの方が効果的です。
今週末は、お天気も回復するようですから、上手く当たれば、良い思いが出来るかもしれませんよ*\(^o^)/*


nice!(1)  コメント(0)