So-net無料ブログ作成

テルテルボーズさんの鬼怒川釣行記

久しぶりのテルテルボーズさんからの投稿です。
どうぞ参考になさってください(*^_^*)

9時半、烏山大橋に行きましたが人だらけ、見えるだけで40人超。
9/1投網解禁の影響もあり早々上がってくる人も4~5人(T^T)  
こんなに釣り人が多い場所が何で釣り専用区でないのか?漁協も一考して欲しいものです。
15分見てて釣れたのは一人。かなり不調のようで、竿を出さずに気になる鬼怒川に移動。
JR鉄橋上を覗くもハミが少なく人も少ないので、更に合流点へ移動。 
先客は2人のみ。何故か恐ろしいほどのゴンゴン瀬でやっている。今の鬼怒川強い瀬や深い場所は釣れないはず…  
自分もハミがあるのか分からない岩盤瀬で11時開始…20分全く反応なし…・…。ヤッパリ!  
直ぐに200m上の瀞瀬尻に移動、ザラ瀬を渡ると左岸側にハミが見えたので竿を出してみる。余り期待していなかったが10分でガツーンと来て慌てて竿を絞る23cm♂  
囮を変えて間もなくガガ ガツーン!!中々抜けない25cm♂。囮を養殖に戻して10分後、小さいアタリで20cm♀、次も囮が沈んだ直後に同サイズ♀。次もあっと言う間にガツーン!!  何じゃこりゃー入れ掛かりだ♪♪しかも全部背掛かり(^o^)  抜きに掛かるとボキッ!と嫌な音。何と早瀬抜が穂持ちから( ̄▽ ̄;) 今年3回目の竿折れだ。挙げ句に穂先も紛失、あーあ…… 
竿を変えに車に戻り20分後、急いで先程のポイントに入れるもシーン… 30分掛かってやっと1匹!!どうやら完全に付きに見放されたようだ。
我慢して粘るも以後アタリなし。違うポイントを探す気力もなく、早めのギブアップ。 ここ数日の冷え込みで鮎もかなり黒ずんで来たようです。     
久しぶりの鬼怒川の鮎、妻と二人で鮎めしを作り、家族四人で滅茶美味しく戴きました。(さすがに那珂川の鮎とは比較にならないほど身が締まっている)              
数は揃わなかったけど、次に期待します。

image.jpgimage.jpgimage.jpg




nice!(1)  コメント(0) 

鮎も終盤? 急がなくっちゃ!

平成29年 9月 4日(月) AM 5:53 曇り 水位 +20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm高くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日は、久しぶりに朝から日差しが強く出て、ほんの少しだけ夏が戻ってきたような陽気でした。
そんな天気に誘われて、鬼怒川にもわりと多くの釣り人が訪れてくれました。
まだ水が高く、水温も低いために、それほど多くの釣果はなかったようですが、それでもまずまずの釣りをなさった方もチラホラ。
ただ、場所ムラは激しく、掛からないところはまったく掛からないといった具合ですから、ポイントの選定が全て…といった感じです。
柳田大橋近辺も、釣れている方は20匹くらい釣っているものの、少しポイントがずれるとポツポツ程度とか。
当店の上流もそんな感じです。
掛かる鮎の中には、鼻カンを通すと、婚姻色が出てくるようになるもののいます。
冷たい水が続いたせいなのか、それとも先日まで悪天候で、日照時間が少なかったせいなのかはわかりませんが、例年よりも体ができるのが少し早いかもしれません。
西鬼怒川合流付近で竿を出した梅沢さんは、朝からほんの2時間ほどで20匹近くの鮎が入れ掛かり!
ところが10時を過ぎた頃からピタッと掛からなってしまったとか。
これは、鮎が間もなく産卵を控えている兆候。
ちょっとした出水で、何処かに産卵場が出来てしまうのかもしれません。
ところが、釣った鮎を見せていただきましたが、それほどお腹がプックリしているわけでもなく、また身体が極端に黒ずんでいるわけでもないのですが…本当に今年の鮎は良くわかりません。
何れにしても、これからの冷たい増水が、鮎の抱卵を進めるのは間違いありません。
とにかく暖かい日が続いてくれる事を祈るばかりです。

梅沢さんが釣った鮎です。
image.jpg

nice!(1)  コメント(0)