So-net無料ブログ作成

2017-07-20

平成29年 7月 20日(木) AM 5:45 曇り 水位 -20cm

現在の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
関東地方もいよいよ梅雨明け…と言うか、関東地方にいたっては、梅雨があったんでしょうか?という感じですが(笑)
渇水続きの鬼怒川や那珂川ですが、福岡や大分、そして愛知のような甚大な被害が無かったのですから、それだけで十分ですよね。
あらためて、豪雨の被害が大きかった地方の方々には、お見舞いを申し上げます。

さて、昨日の鬼怒川ですが、意外にみなさん川から上がる時間が早かったです。
天気が崩れそうになったわけでもないので、あまり釣果が良くなかったのでしょうか?
時期的にはまさに土用隠れ。
今年の鮎が成長が遅れているとは言え、やはり季節的には白子や卵を持つ時分。
こんな時は日中の釣りはかなり厳しくなります。
例年ならば朝夕の一時。そして鮎たちはトロ場で跳ね出すはずなのですが、今年は何かが変!
相変わらず浅いヘチの緩い流れで跳ねています。
それでもやっぱり土用隠れなのでしょう。お腹を返すような跳ね方をする鮎もいくらか見え始めました。
追いも弱くなりますから、やはりチラシばりの方がいくらかでも掛かる確率は高くなります。こんな時期、試しに使ってみてくださいな(*^_^*)
また土用の鮎は神経質にもなっていますので、浅い場所ならば、座って身を隠すように静かに釣るのもコツかもしれません。
気温も高く暑いですから、釣り人だってその方がいくらかでも涼しくなります(笑)
とにかく静かに丁寧に粘り強く!
みなさん、頑張ってくださいね〜*\(^o^)/*