So-net無料ブログ作成

連休初日…場所ムラはありますがいくらか釣れます(*^_^*)

平成29年 7月15日(土) PM 7:50 晴れ

今日は朝から強い陽射しが照りつける真夏日でした。
ただ、朝のうちは昨日の増水の水が残っていたせいか、水温もそれほど上がらず、跳ねも少なく…なかなか思うように釣れてくれませんでしたが、それでも時間が経つにつれ水温が上昇し、ポツポツと竿を絞る姿が見られました。
宇都宮市の手塚敏文さんは、10時過ぎにゆっくりと出陣。
増渕おとり店から下流を釣り歩いて攻めて16匹。
放流サイズの小さな鮎が2匹混じったので、持ち帰りは14匹でした。
「少し深みのヨレが一番良く釣れました。型もまずまず揃ったので楽しかったです(*^_^*)」と帰りに笑顔で釣果報告をくれました。
飛山に入った伊藤さんも18匹釣果!
「型はバラバラ。18〜21cmくらいかなぁ。浅いザラ瀬の小さなヨレにおとりを入れると良く掛かった。一ヶ所でジッとしていても数が伸びないので、ひとつひとつのヨレに丁寧におとりを入れて拾い歩いたって感じ。鮎は結構跳ねていたから、もう少し経てば期待できるかもね。」との事でした。
当店近辺も、今日は賑やかなくらいに釣り人が入りましたが、朝から夕方まで頑張って攻めていましたから、みなさんそれなりの釣果があったのかもしれません。
何れにしてもいまの鬼怒川は、あまり強い流れよりは、緩い流れの中のヨレを攻めた方が良く釣れるようです。
そんな場所で、鮎の跳ねが見られるようならば、丁寧におとりを泳がせてみると良いかもしれませんね(*^_^*)

image.jpgimage.jpg

2017-07-15

平成29年 7月 15日(土) AM 6:05 晴れ 水位 平水

現在の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
昨日の増水も、今朝はだいぶ落ち着いてきています。
まだいくらか濁りは残るものの、今日は釣りになります。
まだ少し水が多いぶん、水温は低めかもしれませんが、朝からピーカン!
暑い陽射しが照りつけていますから、時間が経つにつれて鮎も活性が上がることでしょう。

昨日は結果的には午後あたりからなんとか竿を出せるくらいの水量で、濁りも薄まってきたのですが、引き水のせいなのか、少し砂が巻くような濁りのせいなのか…残念ながら鮎の跳ねも少なく、全体的にはあまり釣れない状況でした。
それでも水が動けば鮎も動く!
きっと今日は期待通りの働きをしてくれる…はず(*^_^*)
そう願いましょうね。

今日も気温はかなり上がり、蒸し暑い一日となりそうです。
こまめな水分補給などして、熱中症にならぬよう臨んでください。
それでは今日も楽しい一日をお過ごしくださいませ*\(^o^)/*