So-net無料ブログ作成

テルテルボーズの会津大川解禁情報

平成29年 6月24日(日)

テルテルボーズさんから、福島県の会津大川解禁釣行記が届きましたのでアップいたします。

--------------------------------------------------------------------------------------
きょうは昨年のリベンジで会津大川へ友人と行って来ました。
昨年も良く釣れたのですが、高田橋上流右岸で前後に割り込まれ(上下流とも空きが4m)注意してもダメ!全く動けず頭に来て10時に気分最悪で止めました。
漁協の監視員にはマナーが悪すぎると文句を言いましたが…。
その時の釣果は22匹、バラシが何と10匹近かったのを覚えてます。何度も竿と竿がアタリ不愉快な解禁日でした(>_<)          

今回は人の少ないJR本郷鉄橋の直ぐ下、左岸側から狙いを定め、なおかつ対岸から竿を出せないポイントを選択し、夜明け前に川に入りました。

5時開始から深瀬で活発に追い、型も17~21cm、アタリも引きも強烈、6時迄の1時間で15匹(^o^)と好調も、一度掛かったポイントはサッパリ、釣り返しがききません。
8時半からチャラ瀬(写真③)で鮎が跳ねだしたので、群れ鮎狙いに変更。これが当たって小さいのも混じるが1時間ほど楽しむと、瀬で再び良型が掛かりだし、生け簀箱(写真②荒瀬の上10m×4m)発見!    
ここで友人が30匹、私が15匹と数を伸ばすことが出来ました。        
午後2時半終了迄に58匹(2匹はお祭りした人に献上、ミニは3匹放流)と昨年のお返しが出来ました。
友人も50匹弱、後ろのザラ瀬を丁寧に攻めた女性は30匹超釣ったでしょうか。お見事です(@_@)
何よりも水が澄み、石が綺麗に磨かれていたのが印象的で、遠くまで行った甲斐がありました。   鬼怒川も早く復帰して欲しいですね。何しろ近いですから…(*^_^*)

image.jpgimage.jpg
image.jpg
--------------------------------------------------------------------------------

2017-06-24

平成29年 6月 24日(土) AM 5:15 曇り 水位 -10cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも10cm減くらいです。
もちろん濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は朝からお日様がよく照りつけて、暑いくらいの一日。
そんなおかげでいくらか鮎も元気になったのか、橋の上から少しだけ食み跡が見られるようになりました。
それでもまだまだ群れている鮎の方が多いのも確か。
完全復活までは、もう少し時間がいるようです。
昨夜、山間部でいくらか雷雨があったのか、今朝もまた、ほんの少しだけ水が動きました。こんな具合に水の増減があれば、鮎も少しは散らばって、瀬の中に付くようになってくれるのでしょうか?
何れにしても、何の変化もないよりは良いかと思いますが。

さて那珂川ですが、こちらも昨日は、場所によっては大釣りが出来たところもあったようです。
しかし全体的には、放流鮎がある程度釣り切られてしまったのか、天然の小ぶりな鮎混じりで、10匹前後の釣果の方が多いようです。
いかんせん、今年は那珂川も朝の水温が低いせいか、午前中はあまり掛からず、午後勝負。
朝から掛かり出せば、全体釣果もあと5〜10匹は上乗せできるのでしょうにね。
強い瀬や深瀬は、掛かれば20cm超えの良型が掛かるようですが、数をまとめるならば、やはりザラ瀬などの、天然鮎が好みそうな浅い場所の方が良いようです。
何れにしても食み跡や跳ねを参考に、少し動いて攻めてみてくださいね。
それでは今日も楽しい一日をお過ごしくださいませ(*^_^*)