So-net無料ブログ作成

緩い流れで…(´∀`=)

令和元年 9月 2日 (月) AM4:52 曇り 水位 +10cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも10cm高くらいです。
濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は新鬼怒橋下から『コロガシ釣り』『投網』が解禁になりました。
おかげで橋の上流や柳田大橋、岡本、氏家近辺と、友釣りの専用区には釣り人がたくさん!
午前中はあまり釣れている様子がありませんでしたが、昼頃からポツポツと竿が立つ姿が見られました。
当店上の深瀬に入った宇都宮市の粂川さんは、『11時から1時半までの2時間半で8匹釣れました。サイズは21〜27cm。ハリが小さかったのか、水中バレやトラブルで6匹ほどバラしちゃいました(・・;) 比較的緩い深瀬が良く掛かりましたね。雄5匹に雌が3匹。魚体はだいぶ出来て来て、雄は少し肌がガサつき始めましたが、ポイントによっては肌の綺麗な鮎も掛かりますから、もう少し楽しめますね(^o^)』とメールをくれました。
粂川さん、さすが名人!それにしても2時間半、この時期としては最高の釣りですよね(´∀`=)

また、柳田大橋に10時頃に入った東京の中村さんは、やはり緩い流れで泳がせるように釣って11匹釣果(*⁰▿⁰*)
『入って2時間ほどはサッパリだったけど、昼過ぎから掛かり出しました。最初は深めのトロ瀬で釣ってポツポツ。3時過ぎくらいから浅めの瀬でパタパタと掛かりました。メタルとの付け糸が細かったので、3回も親子どんぶりをしちゃいました(^_^;) それが無ければねぇ。。。今度はしっかりと仕掛けを作ってきます!』とリベンジを誓い帰りました(^o^)
型は23〜25cmくらいですが、まだ若い良い鮎でしたよ〜。

IMG_9208.JPG

氏家の勝山に入ったさいたま市の和田さんは、『午前中はサッパリだったけど、午後になって7匹釣れました(*゚∀゚*) 今年初めてのポイントなので、大漁オトリ店さんに場所を聞いたのが良かった。最初はどうなる事かと思いましたが、結果は思ったよりも楽しめました!』とお電話をくれました。
勝山地区の大漁オトリ店さん近辺も、ここの所wqりと好調ですから、機会があればぜひお出かけください。ここのおとり屋の親父さん、とにかく親切ですよ〜(´∀`=)

釣果報告をくれた皆さんに共通しているのは、やはり瀬よりも深めの緩い流れで釣ったという事!
抱卵しているこの時期ですから、鮎たちも卵や白子を守るためにあまり激しい流れには付いていません。
また若鮎と違って、一日中食まなくても良い時期ですから、午後の水温が安定する一時、夕方の瀬肩に食みに出る一時が狙い目です。
そのチャンスにトラブらないように、しっかりとした仕掛けやハリで臨んでくださいね。

ずいぶん水位は落ちてきましたが、まだまだ水量は多めの鬼怒川です。
今年は那珂川でも数件の水難事故が発生していますから、どうぞ十分に気をつけて川に入ってください。
それでは残り少ない鬼怒川の友釣りを、今日も楽しんでくださいね(^o^)

nice!(2)  コメント(0) 

nice! 2

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。