So-net無料ブログ作成

2019-08-26

令和元年 8月26日 (月) AM 5:00 曇り 水位 +25cm


IMG_9166.JPG

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm高くらいです。
濁りもさほど無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

ここに来て、朝はだいぶ涼しくなってきました。
日増しに秋を感じる今日この頃です。
それでも昨日は日中は真夏のような暑さ!
お日様が「まだまだ頑張るぞ〜!」って言っているような日差しの一日でした。
これで水量が少なければ水温の上昇も早く、鮎たちの活性も上がってくれるのでしょうけれど、なかなか思うように減水してくれません。
ダムの放水量が多いため、相変わらず水は冷たい感じです。

そんな鬼怒川も、昨日はけっこう多くの釣り人が訪れてくれて、けっこう賑やかでした(^o^)
鮎たちもいくらかですが釣り人の期待に応えてくれて、一昨日よりは掛かってくれてようでした。
柳田大橋下流に入った宇都宮市の岩崎さんは、午後から用事があったので12時までの釣り。
それでも8匹掛けて2匹バラシの釣果は6匹(^o^)

『抜くのが下手で大きいのを2匹バラしちゃいました(・・;) 朝8時頃からザラ瀬、瀬頭で掛かりました。食べてみたら、卵を持った鮎もいましたね。』と連絡をくれました。

IMG_9164.JPG

またさいたま市の和田さんは、柳田大橋上流に入って8匹掛けて最後にオヤコドンブリ(^^;; 手元に7匹で帰ってきました。
『ポツポツだけどいくらか掛かるようになってきましたね。周りの方もポツポツと釣ってましたよ(^o^)』と電話で報告をしてくれました。

岩崎さん、和田さん、いつも貴重な情報をありがとうございますwm(._.)m
心より感謝致します。

昨夜は当店近辺で少し雷雨がありましたが、山間部は降っていませんから、日中はいくらか減水するかもしれません。
抱卵し始めた鮎たちは、やはり瀬よりもゆるいトロ場を好む傾向があります。
朝はザラ瀬や瀬肩狙いで、日中はトロ場や瀬落ちの流れのゆるいところが狙い目になります。
また身体が出来ていけばいくほど、深追いをしなくなりますので、チラシバリが効果的です。
いくらかでもポケットに忍ばせておいてくださいね(´∀`=)

さて、今日も日中は晴れ間が出る予報です。
気温も昨日ほどではなくても、そこそこ上がってくれそうですから、午後の水温が上がる時間帯には少し期待できるかもしれません。
残り少ない友釣りシーズン、あまりノンビリしている暇はありません!
何は無くとも、川へ出かけてオトリ野鮎に遊んでもらいましょうね〜(*^▽^*)
nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。