So-net無料ブログ作成

やっと平水近くまで戻りました(*^^*)

令和元年 7月11日 (木) AM 4:56 曇り 水位 + 5cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりもほんの少し多いだけ。
ずっと続いた高水が、やっとここまで戻りました!
ここに来るまで本当に長かった〜(^^;;
順調に行けば、今日中に平水くらいになるかもしれません。
減水は、ダムの放水量が減ったと言う事ですから、水温の上昇も期待できるかもしれませんね(*^^*)
もちろん濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日は朝から時折陽射しが出て、少し暖かく期待しましたが、昼過ぎから急にトーンダウン(;ω;)
雲が薄暗くなって、急に肌寒くなってしまいました。
それと同時に、午前中にいくらか釣れていた方々も、午後はさっぱり…
残念ながら期待はずれの一日となってしまったようです。

それでも鮎は跳ねていますから、元気になっていることは確か!
水温さえ上がれば、活性も取り戻してくれるでしょう。
あとは余計な雨が降らないでくれる事、そして早く強いお日様が顔を出してくれるのを願うだけです。
そうすれば、鮎師たちに、やっと本格的なシーズンの到来ですね(*^^*)

さて、そんな不安定な陽気の中の那珂川情報を、テルテルボーズさんが送ってくれたのでご紹介致します。

…………………………………………………………………………………………………
テルテルボーズの那珂川情報

何時になっても晴れ間が出ず、7月も半ば近くになってしまいました。 ようやく水も落ち着いて来たので、気温が低いなか那珂川の様子を見てきました。 川渡りが怖いのでウェットにしましたが寒くて参りました(T^T)やはりウェーダーでないと未だきついです。 Am11時、本流に9人、今まで竿が入ってませんから流石にポツポツ掛かってます。 私は分流を細かく見るために本流はパス。分流は意外と人が少なく5人ほど、水量はほぼベストか。 深瀬から始め2時間で18~21cm 8匹、泳がせるよりとめた方が良い。先客2人のあとで今一続かない、一気に大橋まで下がる。 直ぐに掛かりそうなざら瀨の流芯を攻めるが一向に追わず・・・?? 50m程釣り下がるも反応がなく、周りの人も余り竿を絞らない。唯一、橋直ぐ上の荒瀬でポツポツ掛けている方が。 辺地にはかなりハミがあるので、辺地狙いに変えるとバタバタと4連、型も意外と良い。気合いが入るがここも続かない。さらにうろうろ(ToT) 3時半、右岸の2人がいなくなったので辺地寄りの深みを攻めると、ギュンと飛び付くような当たりが続く。どうやら時合のようだ。 しかし寒くて限界、20に1匹足らずで4時15分終了。暑くればあと一時間は粘れたのに残念。 底石の垢は70%回復、2~3日照り込めばOKも、予報は暫く悪いので・・・。 早く暑くなって欲しいな(^ー^)

IMG_8716.JPG
……………………………………………………………………………………………
テルテルボーズさん、いつも貴重な情報をありがとうございますm(._.)m

さぁ、今日は昨日よりは少し暖かくなる予報になっていますが、午後から天気は下り坂。。。
夕方には昨日同様、少し冷え込んでしまうかもしれませんね。
ここまで水が減れば、朝の水温もそれほど極端に冷たくないかもしれませんから、ちょっと早めに川へ出かけていても良いかもしれません。
鮎たちはまだ、群れている状態の方が多いですから、チラシバリは必須!
そして減水してきたとは言え、水はまだ多めですから、オモリも用意しておいてください。
それでは、今日は友釣りをお楽しみください。
そして鮎たちのご機嫌が良い事を祈ります(*^^*)

nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。