So-net無料ブログ作成

テルテルボーズさんの鬼怒川鮎解禁前情報第二弾\(^^)/

平成30年 5月27日(日) AM 10:40 晴れ 水位 -25cm

テルテルボーズさんから、鬼怒川鮎解禁前情報の第二弾が届きましたので、お知らせいたします!(*^^*)

----------------------------------------------------------------------------
今日は上流部を見てきました。
ヤマメの特別放流をした上平橋上では20人程の釣り人が竿を出していたのでびっくり(^_^;) 
釣れてるのか…。       

さて鮎ですが、高速橋上は鮎もハミも見えなかったな。(^^;;
氏家大橋上、新生興産前は放流も多いのか、既に囮、釣り券販売の小屋が建ってました。
上流域は入る予定もないので、底石の確認はパス。         
今回漁協はここに力を入れてるようです。昔の鮎銀座、是非復活して欲しいですね。
少し下流… 何、何、嘘、おー怖い!(写真)
花嫁?が…水辺でプロポーズされてるのか?
これでは鵜も降りて来ないでしょう(爆)

気になった氏家大橋下流300mの瀬頭、何故かハミが殆んどありません。この辺に入る人は要注意かな。
ここGP上(写真参考)は石ぴかぴか…辺地の石でようやくハミ跡と分かります。このポイントでは鮎の跳ねも半端でなく、見たこともないほど大量の跳ねです。
ただし15cm前後の鮎、群れ鮎かも知れません。         
ここは私なら竿を入れません。石も程々良いのですが、いかんせん跳ね鮎が小さい。辛いのはぴかぴかでハミ跡の太さが箱メガネでも分からないこと。
ハミ跡があれば必ずしも釣れるとは限りませんから。さらに石組の良いポイントを解禁前日迄に探してみます。                      
昨年の解禁は40匹超え(友人も)でしたから、今年はもっと釣れるか! 状況が良いので欲張ってみたい(^_^;)
            
ただ今年は何処も?ハミ跡が多く、逆に絞れず悩んでます。違った意味で昨年より難しいです。
まだ入川場所も決まってません。              
下流域はまだ見てませんが、魚病さえ発症しなければ良い解禁が迎えられそうです。
石井近辺は成魚も放流してるから、良型も多いのでは。         
唯一の不安はハイブリッド鮎がちゃんと追ってくれるかどうかでしょう。             
※釣れないのは最終的には漁協が悪いと言う気持ちも十分わかります…
でも漁協も試行錯誤しながら頑張ってます。失敗することもあるでしょうが、何もしない失敗ではなかったと思ってます。                            
昨年ずっと川を見てましたが、春先から石垢が更進されず、ともかく川(底石)が悪かった。食べる餌が少なく、水温の変化によるストレスで貝塚ダム湖産が負けたのではと私は思いました。
※少なくとも底石を確認してから釣り始める習慣があれば、釣果も変わってくるのではないでしょうか。

私は【鮎は石を釣れ!】と言う言葉をいつも肝に命じており、ハミ跡が少ないポイントでは極力竿を出さないようにしてます。

きちんと川見してから、釣りを開始すれば報われることも多いのではないでしょうか。

----------------------------------------------------------------------------

いよいよ解禁まであと1週間!
当店近辺も、今のところ冷水病の気配もなく、鮎たちが元気に跳ねてくれています。
このまま何事もなく、無事に解禁を迎えてくれると良いですね(*^^*)

IMG_0720.JPGIMG_0719.JPG
nice!(0)  コメント(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。