So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-06-21

平成29年 6月 21日(水) AM 6:00 雨 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。

昨日と打って変わって、今朝は肌寒い朝です。
まだ雨は降っていませんが、日中は強い雨が降る予報になっています。
気温も低いままですから、多くの方は、今日は休竿日になりそうですね。
鬼怒川も那珂川も、青ノロやボサのろがかなりひどい状態ですから、欲を言えば、それらを洗い流してくれるくらいの増水になってほしいのですが…そこまでは降らないのでしょうか?
何れにしても、渇水続きのままでいるよりは、少しでも水が出てリセットされると思えば、さほど悪い雨ではありません。
雨で川へ出かけられないこんな日は、仕掛けでも作って、ハリでも巻いて…のんびり過ごしましょうか(*^_^*)



2017-06-20

平成29年 6月20日(火) PM 6:20 晴れ
テルテルボーズさんからの那珂川情報が届きましたので、お届けします(*^_^*)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
那珂川境橋上の岩盤周りで、この二人は入れ掛かり( ̄▽ ̄;) 型もいいしどうなってんの? 時間かなー、たまたまかなー、午後4時です。 若鮎大橋上の岩盤、ブログで昨日は釣れたと言う情報で行ってみたらサッパリ!魚の気配さえ感じなかったと大宮ナンバーの人が言ってました。 渇水の影響で続けては釣れないのでしょう。 烏山大橋上下では釣り人は多いですが、たまに竿を絞る程度。 明日は久し振りの大雨の予報ですが……
鬼怒川の鮎逹も刺激があった方がいいのではないでしょうか。

image.jpg
-------------------------------------------------------------------------------------------------

テルテルボーズさん、いつもいつも詳しい状況をお知らせ頂き、心より感謝!でございますm(_ _)m
ありがとうございます。

2017-06-20

平成29年 6月 20日(火) AM 5:30 晴れ 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
渇水に青ノロ…鬼怒川の川底は悲しいくらいにひどいものです。
これでは鮎も、食みたくても食めません(;_;)
それでも昨日、宇都宮市の宇都宮さんは24匹も釣ったと帰りに寄ってご報告をくれました。
「場所は秘密!」だそうで…(^^;;
ごもっともですよね〜。
今の鬼怒川でパタパタと掛かる場所はそうそうありませんから、小さなピンポイントなのでしょう。場所がわかってしまえば、たくさんの釣り人が訪れて、掛かるところも掛からなくなってしまいますから、致し方ありませんね(*^_^*)
それでもそんな場所があるだけ、少しは救いになりました。

それにしても、今年はずっと低水温が続いているのが気になります。
昨日もお天気が良かった割には、なかなか水温が上がってくれません。
お昼を過ぎても20度に届かず、18度から19度くらい。例年の今頃でこの渇水ならば、昼過ぎて夕方には21度から22度にはなっているはずなのですが、何かがおかしいような気がします。
今日も30度近くまで気温が上がる予報ですが、どこまで水温が上がってくれるのか?
また日中に測りに行ってみます。

とにかく今の鬼怒川は、瀬の中になればなるほど青ノロのカーペットです。
ついついオトリを入れたくなってしまうのですが、残念ながらほぼ鮎は付いていないようです。
瀬脇の緩やかな、股下以下くらいの流れでいくらか鮎が跳ねますから、そんな場所を狙ってみてください。

2017-06-19

平成29年 6月 19日(月) AM 5:30 曇り 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
今年のパターンから行くと、頭首工の放水で、昼前くらいから水位が上がってきますので、日中は15〜10cm減くらいになるでしょうか?
それでも渇水には違いありませんね(^^;;

解禁から2週間…昨日と一昨日は週末だというのに、鬼怒川は閑散として寂しい光景でした。まだまだ鮎たちは元気になれず、釣り人の皆さんと遊ぶにはもう少しの時間が必要のようです。
諦めずに、もうほんのチョット待っていてくださいね(*^_^*)

さて、那珂川も渇水続きで、食み跡はあるもののそれが釣果に結びつかないようです。
釣り人が多く、人荒れのせいもあるのでしょう。
それでも平日は少しスペースが出来ますから、丁寧に一筋一筋にオトリを入れて探ってみてください。ポツポツ…でも、貯まればそれなりの数になります。
今は粘りと根性!…と言った感じでしょうか(笑)

一昨日解禁した西大芦川は、まだ好調を持続しているようで、型にバラツキはあるものの、けっこう楽しめるようです。
千葉県の井上さんと坂田さんは、午前中漁協の上流に入って、まずまず釣れるものの、型が小さく場所を移動。
午後は最下流部近辺を釣って、こちらはほとんどがオトリになるサイズが揃って楽しめたようです。
合計釣果は坂田さん自己記録の29匹。井上さんは35匹だったとの事。
今日はいくらか釣り人が減るでしょうから、少し足を使って釣り歩けば、大釣りもできるかもしれませんね。

どこの川も渇水ですが、土曜日に那珂川で釣り人が流される事故がありました。
渇水だからと言って川を舐めずに、十分に気をつけて臨んでくださいね。
無事これが何よりも楽しい釣りの秘訣です!



2017-06-18

平成29年 6月 18日(日) AM 5:10 曇り 水位 -25cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも25cm減くらいです。
昨日あたりから、水位がかなり渇水気味になっていましたが、今朝は今期一番の渇水です。
川底もかなり青ノロが発生しています。

さて、昨日も気温は上がったのですが、水温の方は思うように上がらず、午後になって、やっと鮎の活性がいくらか上がる程度です。
上手く場所を見つけると、ポツポツと釣れるのですが、やはりまだ瀬の中に、鮎は付いていないようで、浅い膝下くらいの流れや、少し深みのあるゆるいトロ場を泳がせた方が効果的です。
那珂川も同様で、ひとしきり釣りきられた感があるのか、全般的に釣果は良くないようです。
それでも、今まであまり人が入っていないような場所で、歩いて鮎の溜まり場を探すと、まだまだ大釣りのチャンスはあります。
情報に流されず、まずは川を歩いて、食み跡や跳ねを探してみてください。
当たれば大きいのが、今の那珂川です。

さて、昨日は鹿沼の西大芦川が解禁になりました。
こちらは全般的に好調だったようで、20〜30匹の釣果の方は多数いたようです。
50匹以上の大釣りの方々もいて、良い解禁日になりました。
型は12〜18cmで、小ぶりなのもだいぶ混ざるようですが、それでも釣れてくれれば御の字ですよね(*^_^*)
ただ、こちらも渇水状態ですから、トラブルのないように、お互いに声を掛け合って楽しい釣りをしてくださいね。

そして今日は西大芦川の下流の小倉川漁協管内が解禁になります。
良いニュースが入ってくるとイイですね(*^_^*)

西大芦川の解禁釣行情報です(*^_^*)

神テルテルボーズさんからの西大芦川の解禁情報が届きましたので、Up致します。
皆さん、どうぞご参考になさってくださいませ(*^_^*)

-------------------------------------------------------------------------------------------------
神舟神社、いつもガラガラなのに、本日は満員でした(>_<) 川を渡ってみたら、何処まで行っても棒が立っているではないか…( ̄▽ ̄;) どうも何処かのグループさんらしい。第一本命には当然入れず、ところがYSさんはタイミング良く入り(割り込みではない)、生け簀箱でウハウハ(^o^)お昼迄に50匹(12~18cm) 一方私は魚が薄いゾーンで大苦戦を強いられました。(結果29匹、脱帽!) 年々早まる解禁で魚は十分に育っていず、ミニサイズが目立ちます。冷水病が出る前に釣って欲しいのは理解出来ますが、鮎釣りの醍醐味は薄れるばかりです。でも綺麗な水と1匹目から真っ黄色の魚は流石です。掛かり鮎の殆どは何故か真っ黄色♪せめてもう一回り大きければ…もっと楽しかったはず。
さすがにアタリも遠のき、お昼で上がり、YSさんと美味しい蕎麦を食して帰路につきました。
-------------------------------------------------------------------------------------------------

テルテルボーズさん、いつも詳しい釣行情報をありがとうございますm(_ _)m

image.jpgimage.jpgimage.jpg




2017-06-17

平成29年 6月 17日(土) AM 5:15 晴れ 水位 -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも15cm減くらいです。
今朝も昨日同様に、朝から日差しが出ています。
日中はきっと夏のような陽気になるのでしょう。
ただ、昨日のような夕立は勘弁ですけれど…(^^;;
そんな夕立の影響はまったく無く、鬼怒川は渇水続きです。
もっとも、冷水病を治すためには高水温が特効薬!
しばらくはこんな天気で、超渇水で、水温が安定してくてていた方が良いですね。
昨日今日と、暑いくらいの陽気ですから、いくらかでもこの週末の鬼怒川で、良い釣果が聞こえてくると良いのですが…

2017-06-16

平成29年 6月 16日(金) AM 5:15 晴れ 水位 -5cm

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
昨日の夕方から、場所によっては雷雨があったり、まとまった雨が降ったところがあるようで、鬼怒川は少し水が増えました。

なかなか「復活」という言葉にはならず、相変わらず厳しい釣果の鬼怒川ですが、昨日開いた支流の荒川、田川、大谷川は全体的にこう釣果に恵まれた良い解禁日になったようです。
どこの川も水が少ないため、多少の場所ムラはあったようですが、ちょっとした深みの鮎がたまりやすい上下は、大釣りをした方もあったようです。
ただ小さな川ばかりですから、混雑すると一人当たりのスペースが狭まりますので、お互いに声を掛け合って、トラブルの無い楽しい釣りをなされますようにお願いいたします。
さて、今日は日中の気温もかなり高くなる予報です。
強い日差しに期待して、いくらかでも鬼怒川の鮎たちが元気になってくれることを祈りましょう!

2017-06-15

平成29年 6月 15日(木) AM 5:15 曇り 水位 -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも15cm減くらいです。

昨日は天気予報が大ハズレ…で日中は一滴も雨の降ることなく、意外や意外、晴れ間が続いた一日でした。
気温もそれなりに上がって、良い釣り日和でしたが、鬼怒川には釣り人の姿がチラホラ程度で、閑散としていました。
そんな中、宇都宮市の阿久津さんは、「1時過ぎに用事がありますけど、せっかくの休みですから川に入ってきます!」と9時頃に水辺の楽校に入川。
以下は、阿久津さんのメール文です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

今日の水辺の楽校は釣り人の姿がほとんど見えず、下流の方に二人程。
午前中は教えて頂いた通り、川を切って対岸から浅場を釣りました。
ハミアトは見えるんですが、水温がまだ低く活性が悪いのか、釣れたのは一匹のみ。
鮎の跳ねも少なく、1時には上がらなくてはと思っていましたが、川を切って戻ろうかと思い、釣りながら渡って行くと…
途中でまさかの7連チャンでした!
30分ほどの間の入れ掛かり、本当に堪能しました(≧∇≦)
もう少し延長したかったですが、1時半が限界(^^;;
後ろ髪を引かれながら竿を仕舞いました。
9時半から1時半までで8匹は、自分にとっては大満足です!
いつも的確なアドバイスありがとうございます。

image.jpg

-----------------------------------------------------------------------------------------
阿久津さんのメールによれば、浅いところよりも少し流芯に近い方で掛かったようです。日差しや水温の関係もあるのかもしれませんが、いくらか鮎の活性が高くなってきたのかもしれませんね。
昨日同様に、今日も日差しに恵まれそうな予報になっています。
こんな陽気が続いてくれれば、鮎たちはもっともっと回復してくれそうな気がします。
ガンバレ、鬼怒川の鮎たちよ*\(^o^)/*

2017-06-14

平成29年 6月 14日(水) AM 5:30 曇り 水位 -10cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも10cm減くらいです。
昨日の夕方から少し雨が降りましたが、水位に変化が出るほどの雨ではなく、鬼怒川の水位はさほど変わっていません。
今朝は昨日同様に肌寒い朝で、空も少しグズつき気味。
天気予報もあまり良い事を言っていませんが、梅雨寒と言うのでしょうか、川に入るのに抵抗があるくらいの陽気です。
水温もかなり低く、鬼怒川の鮎はもちろん、那珂川もあまり活性が良くないようです。
那珂川のキャンプ場に入った、宇都宮の富永さんは、「きょうは厳しかったぁ。。。川に入っていても寒くて、合羽を着て釣りしました。寒さで手が震えて、オトリを変える時に2匹も逃げられちゃったし…(^^;;。けっきょく、6匹しか持ち帰れませんでした」と帰る途中に寄って釣果報告をしてくれました。
いつもは一日釣れば15〜20匹くらい釣ってくる彼がこの釣果ですから、本当に厳しい一日だったのでしょうね。
今日も川に入る人は、少し暖かい格好で臨んでくださいね。
寒さで、富永さんのように、逃げられちゃうかもしれませんから(笑)