So-net無料ブログ作成

あちこちと竿を出してみました

平成29年 8月 1日(火) AM 5:25 曇り 水位 平水

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
濁りも無く、今日も鬼怒川は釣りになります*\(^o^)/*

昨日は時折陽射しも出て、一日中蒸し暑く、絶好の鮎釣り日和でした。
陽気に誘われて、月曜日のわりには鬼怒川は多くの釣り人が訪れてくれました。

そんな僕も、陽気に誘われたひとりで、昨日は朝から竿を出してみました。
いろいろとあって、なかなかまともに釣りが出来ず、なんと今シーズン2回目の釣行(^^;;
どうしてもサッカー場と竹やぶが気になって、朝イチに川を見に行きましたが、まったく鮎が跳ねず。。。
さすがに朝からここで竿を出すのは危険…とまずは橋上の東西に流れる所へ。
緩い深みにオトリを入れると、すぐに追い星の強い鮎が掛かってくれました。
2匹目もさほど時間をかけずに掛かってくれて、オトリに余裕が出来たので、広い場所をあちらこちらと攻めてみました。
全体的に鮎はいて、オトリが反応するのですが、水温のせいなのか、それとも引き水のせいなのか、なかなか素直に掛かってくれませんでした。
それでも掛かる鮎はアタリも引きも強く、サイズも22cm平均で、太った良い鮎でした。
上手く当たったポイントでプチ入れ掛りもあったので、10時半までの2時間半で12匹!
じゅうぶんに満足できたので、いよいよ気になったサッカー場へGo!
ところがやはり釣り人のいない場所は鮎もいない(^^;;
いくらかの食み跡はあるのですが…。
1時間半あちらこちらにオトリを入れて、なんとか2匹追加しましたが、仕掛けに流れてきた草が巻きついて1匹ロスト…>_<…

これで諦めがついて、竹やぶへGo!
ところが2週間前にあった食み跡が、まったく無くなっていて、さっぱり掛かる気配なし。それでもウロウロと30分ほど攻めたところで、竿がのされるくらいの強いアタリ!
しかしこれが痛恨高切れ…>_<…
いつの間にやら鬼怒川の鮎は大きく育って、仕掛けを切っていくようになりました(笑)
その後も仕掛けを変えて1時間ほどあちこち攻めましたが、まったく掛からずボーズ。
2ヶ所回って4時間で1匹とは…(^^;;
けっきょくは朝入った場所に移動。

みなさんポツポツと釣ってらっしゃったのか、3時半を過ぎても釣り人がたくさん!
なんとか空いているところを拾い歩く感じで攻めましたが、やはり鮎の数が多いのか、すき間隙間を狙ってもポツポツと釣れてくれて、5時までの1時間半で7匹を追加。
川上がりの1匹狙って、波気の強い瀬方にオトリを入れるとすぐに強烈なアタリで、「シメタ!」と思った瞬間に元竿が折れてThe End…>_<…
トラブル続きの一日でしたが、それでも持ち帰り18匹。
型も20〜23cmで、平均22cm。
自分としてはじゅうぶんに楽しめた一日でした。
それにしても今日の教訓は、人のいないところには鮎もいない!
そして、鬼怒川の鮎をなめてはイケない(^^;;
みなさん、仕掛けもハリも、少し大き目を用意してくださいね〜(笑)
image.jpgimage.jpgimage.jpg


烏山舟戸の釣果です(*^_^*)

平成29年 7月 31日 (月)

宇都宮市の大塚英之さんの烏山舟戸の釣果です。

「24匹釣れました。先日の増水で、青ノロ流されてきれいになっていい感じでした。石垢はほとんど残っている気がします。型は大小バラつきますが、アタリも良くて楽しかったです(*^_^*)」だそうです。

水量もちょうど良いくらいですから、明日も楽しめるかもしれませんね。
大塚さん、情報をありがとうございましたm(._.)m
image.jpg

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。