So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-06-07

平成29年 6月 7日(水) AM 5:00 曇り 水位 -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも15cm減くらいの渇水状態です。
水温は、解禁当初よりも少し上がっていますが、まだまだ暖かいというわけにはいきません。
それでも日中に強い陽射しが出てくれれば、やる気のある鮎がいる場所では、掛かりそうな良い跳ね方をする鮎が見られます。
こんな所では、追い星の強い鮎がいくらか掛かりますが、ただ残念ながらそんな場所はごくわずか。全体的にはまだまだです。
何れにしても瀬の中よりは瀬落ちからヒラキに鮎がたまっていますから、鮎の溜まりそうなトロ瀬が狙い目でしょうか。
まさしく昨日、そんなトロ瀬を攻めた那須塩原市の久留生君はきっちりとツ抜け!
那珂川解禁から、未だに鮎の顔を見ていないおふたりのお友達を気遣っての釣果ですから、ひとりでちゃんと釣ればもっと釣れたのでしょうけれど…お友達たちも、昨日は7〜8匹づつくらい釣れて「釣ってくれて良かったですよ〜。嬉しいっす!」と自分の釣果以上に喜んでいた優しい久留生君でした(*^_^*)

久留生君たちが釣った鮎です!
image.jpg

ここのところずっと朝冷え込みで水温が低いせいなのか、やはり早い時間帯よりは昼近くからのほうが狙い目です。
そして夕方に涼しい風が吹き始める頃には終了…といった感じです。
那珂川も同様のようで、昨日キャンプ場に入った方の話では、「午前中は追いが悪い。でも午後になって水温が上がると、ポツポツ掛かり出して、人が少なくなって静かになったらパタパタと釣れだした。」そうです。
とにかく集中するのは、午前10時過ぎから午後4時くらいまで。
朝は今後のために、川見に時間を割いてもいいかも…です(*^_^*)

それにしても心配なのは、今週のお天気。
ここ2日ばかり、陽射しが出てくれたおかげで、ほんの少しですが鮎たちの病気も小康状態を保っています。
ただ、ここでまた冷たい雨水が入ると、さらにひどい状態になってしまうかもしれません。
なんとか、被害を最小限に留めるためにも、いくらかでも穏やかな陽気が続いてくれることを祈りたいですね。