So-net無料ブログ作成
検索選択

2017-06-05

平成29年 6月 5日(月) AM 5:00 曇り 水位 -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも10cm減くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。

昨日に引き続き、今朝も気温が低く、肌寒い朝です。天気予報では、日中もさほど気温は上がらないようで、川に入る方は、ウェーダーかドライタイツがオススメです。

相変わらず、全般的に鬼怒川はまだ不調が続き、解禁日にいくらか釣れたエリアも、釣り人が集中して場荒れ気味。
鮎たちは群れて、瀬の中よりもゆるいトロ場やヘチの流れを好むようで、瀬釣りファンには寂しい状態ですが、溜まっているところを上手に釣っている人は、いくらか釣果に恵まれています。
昨日の昼頃、当店の上の瀬の中段のタナを攻めていた方を見ていたら、意外にポツポツと釣れていて、「静かにこんな場所を釣れば、それなりに数を揃えられるんだなぁ」と今の鬼怒川の釣りのヒントを頂きました。
そんなところを攻めたのかどうかはわかりませんが、宇都宮市の梅沢さんは、午後1時から3時間ほど岡本地区の瀬を釣って11匹の鮎を持ち帰りました。
型も揃っていて、平均で18cm。
現在の状態ではじゅうぶんに満足できる釣りだったそうです。

梅沢くんの釣った鮎です(*^_^*)

image.jpg
ただ場所を外すと、鮎は跳ねても一向に追う気配を見せず、釣果は全く伸びません。
とにかく釣り人が少ないのであれば、石垢をよく見て、あちこちとたくさんの場所を探ってみるのが一匹でも多くの鮎を釣るコツかもしれませんね(^^;;

冷水病も早い回復を期待したいところですが、今週は全般的に天気は良くないようで、これ以上ひどい状態にならないためにも、大きな雨が降らないでくれることを祈るばかりです。