So-net無料ブログ作成
検索選択

祝 那珂川解禁 *\(^o^)/*

平成29年 6月 1日(木) PM 9:25 曇り

本日、那珂川の鮎釣りが解禁になりました*\(^o^)/*
無事に…と言うわけには残念ながらいかず、昨夜からの雨で那珂川は朝から少しずつ増水。
そして上流部では9時頃には濁り、ゴミが流れて、早々に竿をたたまなければならなかった方々も多かったようです。
それでも下流部の烏山地区では、11時からお昼過ぎまで竿を出せた場所もあって、そんな方々はまずまずの釣果を上げてきました。
今年一番最初に、当店に鮎を持ち込んでくれたのは、宇都宮市の氷室博さん
「朝早くから本流に入ったんだけど、すぐに濁りが入って竿を出さずに断念。そのままあちこち川を見ながら下ってきたら、荒川の一ツ石やなあたりは竿を出せたので9時過ぎくらいから竿を出しました。すぐに掛かり出して、今日は大釣りかなぁ…なんて思ったのも束の間、昼過ぎには少しずつ水が増えて、2時前に納竿。それでも数時間で24匹釣れたから、十分満足!楽しい解禁だったよ〜」と満面の笑みでご帰還されました。

image.jpg

次に帰ってきたのは、がまかつフィールドテスターの小林英司さん。
こちらは烏山のキャンプ場前で36匹の釣果(≧∇≦)
型も揃っていて、平均で18cm。最大は20.5cmでした。
こちらも増水と濁りでお昼で竿終いの釣果ですから、見事なものですよね。
「今年は久しぶりに朝から好調で、ポツポツと釣れ続きました。周りの方も全体的に良く釣れていましたよ。川底もまだ青藻が少なく、石もけっこう磨かれているので、今後も期待できるんじゃないでしょうか。」との事です。
漁協の人の情報では、この近辺で50匹超えの釣果を上げた人もいたそうですから、鮎の数は多いのかもしれませんね。

image.jpg

最後にメールで情報をくれたのはテルテルボーズさん
こちらは烏山大橋に入っての情報です。
以下はテルテルボーズさんのメール文です。
-----------------------------------------------------------------------------------------
烏山大橋上、午前4時20分開始。
気が抜けるほど人が少ない。模様眺めの釣師も多いので、解禁とは思えない程閑散とした川開きでした。 昨年良かった深瀬に入るもサッパリ! 瀬の開き、波立での泳がせで良く追いました。右岸側に群れ鮎が回遊しているようで、私の前のお二人が余り動かずも良く掛けておりました。 鬼怒川もまだ場所によっては群れているので、釣果はかなりバラつくと思われます。当たり前ですが、那珂川同様そんなポイントに入れる人がいい釣果をあげるでしょう。 30分で8ヶ月振りの1匹目17cmの囮サイズ。そして最大は20匹目の20.5cm。型はまずまずも数が今ひとつ。
朝からの雨で10時半頃から水位が高く、濁りも入り追いが今一つ、50cmのニゴイに10分程手間取り、11時半に仕舞いました。 あと少しで流されそうになった囮缶(ブクブク)も慌てて回収(@_@)
結果は27匹の釣果でした。川は油断禁物、上流に大量の雨が降ったら恐いです。帰り路、荒川はまっ茶々でした。
image.jpg
-----------------------------------------------------------------------------------------

この烏山大橋では、宇都宮市の梅沢利行さんも昼までに25匹の釣果!
やはり烏山のメインステージ!裏切りませんね(≧∇≦)

このほかに下野大橋下流の瀬も好調だったと、見ていた方からご報告を頂きました。
上流部が実質竿を出せていない状況なので、まだまだわかりませんが、それでも例年よりは鮎の数は多いのかもしれません。
今年の那珂川に期待しちゃいましょう*\(^o^)/*