So-net無料ブログ作成

新製品へら竿、続々入荷中*\(^o^)/*

すっかり夏も終わり…いよいよヘラシーズンの始まりです*\(^o^)/*

シマノさんの「New 閃光」、がまかつさんの「がまへら結月」、ダイワさんの「New 兆」と、ことしのNEWロッドが続々と入荷しました。

ずっと雨続きの9月でしたが、来週からは晴れ間が戻ってくる予報!
管理釣り場良し!野釣り良し!のこの季節…新しいアイテムを持って釣りに出かけてみませんか?(*^^*)
image.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpgimage.jpg

鬼怒川友釣り専用区、いよいよ明日が最終日ですが…

平成28年 9月23日(金) PM10:51 曇り 水位 +70cm

現在の鬼怒川の水位は、平水よりも70cm高くらいです。
鬼怒川はまだまだダム水の白っぽい濁りが強く、残念ながら竿を出す状態にはありません。
コロガシ釣りの全面解禁まで、いよいよ明日一日を残すのみとなりましたが、最終日の明日も友釣りは無理でしょう。
8月22日から1ヶ月以上、ついにまともな状態に戻る事はなく、本当に残念なシーズンとなってしまいました。
お盆の頃から27cm超えが掛かるなどして、「今年は久しぶりに鬼怒川尺鮎が狙えるのかなぁ」と期待したのですが、なかなか思うようには事は運ばないものですね。
まだ心残りで竿を仕舞い損ねた方々もたくさんいることでしょう。
そんな方はぜひ那珂川へ!
型にバラツキはあるものの、今日あたりからいくらか釣れ始まりました。
高根沢の星さんは、八溝近辺で10時頃から竿を出して、午後3時頃までに13匹の釣果だったそうです。
お友達もつ抜けしたそうで、まだ水は少し多めながらも、濁りはさほどキツくなく、これから日増しに状態は上向いていくでしょう。
明日はまだ晴れ間は見られそうにありませんが、明後日の日曜日には天気も回復するそうですから、期待できるかもしれません。
小ぶりでも天然鮎の引きを楽しめますから、陽気の良い日はまだまだ鮎釣りシーズン!
心置きなくお楽しみください*\(^o^)/*

2016-09-22

平成28年 9月22日(木) AM 6:38 小雨 水位 +90cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも90cm高くらいです。
順調に水位は下がってきていますが、まだまだ水は多く、もちろん濁りも強く入っていて、コロガシ釣りも厳しいくらいです。
出来ればまだ川に近づかないほうが賢明です。

さて、那珂川ですが、こちらも順調に減水してきています。
黒磯地区あたりは、昨日からすでに濁りもなく、もう少し減ってくれれば竿を出せそうです。
下流部は濁り具合がわからないのでなんとも言えませんが、小川の若鮎大橋上流部や、烏山大橋のような河川の広がった場所ならばヒョットすると竿を出せるかもしれません。
今日はあいにくの空模様で、肌寒いくらいの陽気ですが、せっかくのお休み…どうしても竿を出したい方は、現地のおとり屋さん等に詳しい状況を聞いてみると良いかもしれません。
仮に今日はダメだとしても、順調にいけば、今週末にはじゅうぶん間に合うでしょう。

実質、鬼怒川終了です

平成28年 9月21日(水) AM8:40 曇り 水位+125cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも125cm高くらいです。
台風の影響で、雨とダムの放水で、鬼怒川は大増水となってしまいました。
2〜3日で元に戻るような増水ではありませんので、実質これで鬼怒川の友釣りは終了となってしまうでしょう。
あとはコロガシ釣りの解禁の25日までにどの程度水位が戻るのか?
たぶんこの水で、あちらこちらで鮎の産卵場が出来てしまっているでしょう。
気がつけば、お盆を過ぎてから、ほとんどまともに竿を出すことが出来ず、淋しいシーズンになってしまいましたね。
今年は8月半ばで27cm超えの鮎が釣れてくれて、久しぶりに鬼怒川尺鮎のチャンスかと思っていたのですが、本当に残念です。
自然相手の釣りですから、致し方ないのですが…
しかし那珂川は鬼怒川ほどの増水でもなく、今日はもう引き水。
明日は難しいかもしれませんが、明後日のお休みにはなんとか竿を出せる場所もあるかもしれません。
まだまだシーズンを終わりたくない方は、諦めずに那珂川に通ってくださいね。
きっと天然鮎が遊んでくれるはずです(*^^*)

image.jpgimage.jpg

増水中です

平成28年 9月20日(火) AM 5:50 雨 水位 + 80cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも80cm高くらいです。
只今、出水の最中で、今後もう少し増えてくるでしょう。
台風の影響が強くなってきたのか、降り続く雨も徐々に強くなってきました。
残念ですが、今日も鬼怒川は釣りになりません。
那珂川も増水中で、こちらも今日は釣りになりそうにありません。
何処か探せば竿を出せるところがあるかもしれませんが、こんな日は川に近づかないほうが賢明です。
今日は諦めましょう。
今晩あたりから本格的に台風がやってきそうです。
鬼怒川は、今シーズン竿を出せる可能性はかなり薄くなってきてしまいましたが、那珂川はまだまだ天然鮎を主体に若い魚が残っています。
あまり長引くような増水にならないでくれることを祈りましょう。

2016-09-19

平成28年9月19日(月) AM 5:54 曇り 水位 +70cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも70cm高くらいです。
濁りも強く茶色く入っています。
引き水ではあるのですが、雨模様は続きそうですし、今日中に濁りが収まりそうにありませんから、残念ながら今日も竿を出すのは厳しい状態です。
せっかくの三連休、残念な結果になってしまいました。
さて那珂川ですが、こちらも昨日はだいぶ水が増えたようですが、現在は引き水になっています。
下流部はまだ厳しいかもしれませんが、上流部や支流は、一部で竿を出せるところがあるかもしれません。
どうしても竿を出したい方は、現地のオトリ屋さん等に詳しい状況を尋ねてみると良いでしょう。

今日は無理かな…

平成28年 9月18日(日) AM 6:00 雨 水位 +50cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも50cm高くらいです。
昨夜から降り続く雨で、昨日よりも少し増水しました。
濁りも薄茶色の濁りが少し強めに入っています。
地雨による増水と濁りですから、極端な大増水になる事はないでしょうけれど、今日は夕方まで竿を出すのは厳しいでしょう。

さて、那珂川ですが、こちらも昨日よりは増水しているようです。
さほどの増水ではありませんが、濁り具合がどの程度なのか?
お出かけの予定の方は、現地のオトリやさん等に、詳しい状況をお尋ねの上、お出かけください。

せっかくの三連休…昨日は久しぶりに鬼怒川も那珂川も釣り人で賑わって、鮎シーズンらしさを取り戻したのですが、今日の中日は川の状況も天気も悪く、寂しくなってしまいました。
このまま一日、雨が降り続きそうな予報ですが、せめてこれ以上の増水にならない事を祈りましょう。



2016-09-17

平成28年 9月 17日(土) AM 5:26 曇り 水位 +40cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも40cm高くらいです。
毎日期待しているのですが、ここからがなかなか減水してきません。
濁りもヘチの方から股下くらいまでは底石がうっすらと見えるようになったものの、流芯はまだ白が強く、ほとんど見えない感じです。
底石さえ見えるようになれば、石垢の付いているところ、付いていないところの判断がしやすくなるので、無駄なく竿を出すことができるのですが、現状ではあちこちと探りながらの釣りになります。
一か所でジッとせずに、オトリを入れる場所を少しずつ変えて探ってみてくださいね。
台風も、この3連休は待ってくれそうです。
場合によると、今シーズン最後の釣りになってしまうかもしれませんので、時間を作って竿を出しちゃいましょうね(*^^*)

まだ好条件ではありませんが、釣りになります(*^^*)

平成28年 9月16日(金) AM 5:50 曇り 水位 +40cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも40cm高くらいです。
濁りはまだ少し白っぽく入っていますが、なんとか竿を出せるレベルになりました。
昨日は、釣り人がけっこう入って、場所によっては久しぶりに賑やかな鬼怒川でした。
なかなか大釣りというわけにはいきませんが、ポツポツとは釣れたようで、5〜10匹の釣果の方が多かったのではないでしょうか?
もう少し透明度が増せば、石垢の有無、食み跡の有無がハッキリとわかって、攻める場所も定まるのですが…現状では探りながらの釣りになってしまう分だけ、ロスも多く、釣果も伸び悩むのでしょう。
しばらくアタリの無い場所では、あまり粘らず、少し動きながら釣ってみてくださいね。
濁りや水温のせいか、まだ錨よりはチラシバリの方が有効です。
鮎の皮がけっこう硬くなってきていますので、わりと身切れは少ないのですが、その代わり刺さりが悪くなっています。針先のチェックをして、こまめに交換してください。
今日はなんとか釣りになりますが、まだまだ水量は多い状態です。
無理に川を渡ったり、根掛かりを外しにいかないようにお願いいたします。
残りわずかな友釣りシーズン、最後まで、安全無事が第一です(*^^*)


鬼怒川で竿を出してみました。

平成28年 9月15日(木) PM 6:35 曇り 水位 +45cm

現在の鬼怒川の水位は、平水よりも45cm高くらいです。
濁りはまだ少し白っぽいものの、ももから下くらいはうっすらと石が見えるくらいまでに回復しています。
今日は、久しぶりに鬼怒川で竿を出してみました。
増渕オトリ近辺や竹やぶ周り、ラジコン前の分流、柳田大橋上下を見てきましたが、意外に釣り人がたくさん入っていて、いくらかですが竿を絞る姿も見られました。
どうせならばと、誰も竿を出していない強い瀬の中を攻めてみようと、飛山の上の瀬で左岸側から竿を出してみましたが、さすがにまだ水が多く、うまく瀬の中を攻められませんでした。
それでもなんとか2時間とちょっとで4匹。
そのうち3匹はオスで、1匹がメス。
サイズは22〜25.5cm。
石組みもあまり良くない場所なので、一か所でパタパタ掛かるわけではなく、少し大きめの石が組んでいるようなところでポツポツと掛かる感じです。
あと20cmくらい水位が下がれば、瀬の中を自由に瀬の中を自由に釣り歩けるのですけれど…
アタリはわりと良いのですが、まだまだイカリ針よりはチラシばりの方が有効です。
オモリも必須!
順調にいけば、明日はもう少し水位が下がると思いますので、鬼怒川の友釣りもいくらか楽しめる気配がします。
狙い目はやはり少し緩い流れのある、柳田近辺、増渕オトリ店の上下あたりでしょうか?
何れにしても今晩、上流部で雨が降らないことを願いましょう(*^^*)

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。