So-net無料ブログ作成
検索選択

2015-08-31

平成27年 8月 31日 (月)午前4時50分 曇り 平水

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
昨日の雨で、いきらか水位が上がっています。濁りも少しありますが、釣りにはなるくらいです。
今日も鬼怒川はなんとか竿を出せます。
さて、昨日も鬼怒川の大鮎を求めて、遠方からいらっしゃった釣り人、そして地元の釣り人で賑わってくれました。
生憎の天気でしたが、それでも全体的にポツポツと釣れていたようで、ツ抜けまで行かずとも、7〜8匹ほど釣って、中には25〜26cmのグラマーな鬼怒川鮎が混ざるので満足されて帰った方がたくさんいらっしゃいました。
神奈川から帰省がてらに、新鬼怒橋下で竿を出した小川さんも、「釣果は8匹だけど、強い流れで大きな鮎が釣れたから良かった。引きは十分に楽しめたよ」と笑顔で釣果報告を頂きました。
まだ鮎釣り初心者の東京の辻さんは、「数は全然釣れませんでしたけれど、今までで一番大きな25cmの太った鮎が釣れました〜!」と興奮して帰ってきました。
記念に写真を撮って、仲間に報告(*^_^*)
本当に嬉しそうでした。
そんな中、埼玉からいらっしゃった大橋さんは、サッカー場前の分流になる付近をあちこち攻めて16匹の釣果。
「型は17cm〜25cmくらいでバラバラだけど、ツ抜けしたしじゅうぶんに楽しめました。」と釣果報告に寄ってくれました。
ここ2週間ほど前から、やっと調子が出てきた新鬼怒橋下ですが、残念ながら今日で友釣り専用区は最終日。明日の9月1日からコロガシ釣りと投網が解禁になってしまいます。心残りの方は、最終日の今日、竿を出して釣っちゃってくださいね。
それにしても毎日天気が悪く雨模様が続きます。
今日も午後から傘マークが付いていますが、風はそれほど強く吹かないようですから、ぜひ鬼怒川のグラマーな鮎を釣りに来てくださいませ。
ただ、水が多めですから、無理な川渡りや根掛かり外しなどせずに、安全にお楽しみくださいね。

image.jpg

2015-08-30

平成27年 8月 30日 (日)午前4時50分 曇り -5cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも5cm減くらいです。
昨日の朝よりもほんの少しだけ水は増えていますが、濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日は今ひとつの天気でしたが、それでも鬼怒川にはたくさんの釣り人が訪れてくれて、賑やかになりました。
肌寒い陽気のわりには、朝からポツポツ釣れていました。
やはり水が少し多めのせいなのか、相変わらず瀬の強いところよりは、瀬落ちのヒラキの、流れの緩い方が比較的釣れます。
橋下や柳田大橋近辺も好調ですが、今日はラジコン前あたりでもいくらかの釣果がありましたので、9月1日以降の専用区に期待が持てるようになりました。
明日も曇りに雨が少し混ざりそうな予報ですが、今日よりは少し気温が上がりそうです。8月の最終日曜日…みなさんが楽しく過ごせますように!

2015-08-29

平成27年 8月 29日 (土)午前4時50分 曇り -10cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも少し少なめです。
それでも今年の状態の中では少し多め。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日は思ったほどの雨もなく、風も少し落ち着きを取り戻しました。
去りゆく夏を惜しむように、鬼怒川は昨日も賑わいを見せました。
大きな鮎を求めて、自己記録更新を目指して、たくさんの釣り人が訪れてくれています。
出来れば夏らしい陽気になってくれれば言うことないのですが、残念ながら今日も天気は今ひとつの予報です。
それでもここまでくれば、天気のことなど言っていられる余裕はありません!
今日も鬼怒川で頑張っちゃってください(*^_^*)
ここに来て、26〜27cm、それ以上の鮎も混ざるようになってきました。
仕掛けだけは頑丈に、絶対に掛けたら獲る体制で臨んでくださいね。
ここ数日の天気せいで、水温が冷たい上に、鮎たちも抱卵しているので、深追いしにくくなっていますから、掛かりが悪い時は、イカリを尻尾から少し長めに出すか、チラシバリに代えてみてください。
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみください。

2015-08-28

平成27年 8月 28日 (金)午前5時05分 曇り -10cm

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水よりもほんの少し少ないくらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日の新鬼怒橋下からサッカー場にかけては大賑わい!
9月1日から、コロガシ釣りと投網が解禁になってしまうので、残りわずかな時間を惜しむように釣り人が詰め掛けました。
天気のわりには蒸し暑く、絶好の友釣り日和だったのですが、生憎の強風で、みなさん四苦八苦(^^;;
それでも全体的にポツポツと大型のグラマーな鬼怒川鮎が釣れていたようです。
真岡市の仙波さんは、朝のうち瀬肩を攻めたものの、今ひとつで、昼少し前に瀬の強い中にオモリを付けてオトリを入れると大鮎の5連チャン!
でもしっかりお昼を食べてたら、もうすでに「入るところがなくなっちゃった(笑)」そうです。
それでも夕方までに8匹ほど釣ってまずまず満足。
「バラしたり、仕掛けを切られたりとトラブルもあったけど、引きは楽しめたから。」と嬉しい一言を頂きました。
今日は昨日よりも水位が下がっていますし、日中はもう少し減りそうな気がします。
こんな瀬の中も昨日よりも攻めやすくなるかもしれませんね。
また、浅めのヒラキに入った方々は、けっこう釣っていたそうなので、極端に減水しなければ、こんな場所も狙い目になるかもしれません。
ただ、今日の天気は生憎の雨まじりの予報です。風も昨日同様に吹きそうな感じです。
でも残りあと4日しかできないエリア。
アメニモマケズ、カゼニモマケズ…です!
今日の頑張りましょうね*\(^o^)/*

2015-08-27

平成27年 8月 27日 (木)午前6時30分 曇り -5cm

今朝の鬼怒川の水位は、ほぼ平水くらいです。
昨日の雨で、少し水が増えました。
現段階でいくらか濁りはありますが、現在は上流部もこの近辺も雨は止んでいますから、これ以上濁りがひどくなる事はないと思います。
今日もなんとか釣りになりそうです。
雨水が入っていますから、朝のうちは水温が低いと思いますから、チラシバリで、追いの弱い鮎を狙ってみましょう。
またこんな時は、トロ場にたまっている鮎たちが、瀬肩に出てくる可能性がありますので、そんな場所や、瀬から広がる浅めの場所が狙い目です。
日中は日差しは出ないものの、蒸し暑さはある予報ですから、午後の水温が上がってきた時間帯は、瀬の中でも掛かるかもしれませんね。
釣り人が少ないようならば、とにかくいろいろな場所を攻めてみてくださいね。
今日はいつもよりは水が多いですから、川渡りや根掛かりの際は無理をなさらず、怪我のないようにしてください。
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみくださいませ。

2015-08-26

平成27年 8月 26日 (水)午前5時10分 小雨 -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
昨日とほぼ水位は変わらず、もちろん濁りもなく今日も鬼怒川は釣りになりますが、今朝は昨日の朝よりもさらに涼しい夜明けです。
小雨もちらついて、なんだか梅雨に逆戻りと言った感じ。
さて、昨日はいくらか風も弱く、少しは釣りやすかったのですが、なんと言っても外気も水も冷たく、鮎の活性は今ひとつだったようです。
いつも掛かるような深い瀬よりも、いくらかでも水温が温む浅いところに鮎が付いていたのか、そんな場所を攻めた方はポツポツと釣っていました。
昨年から鮎釣りを始めた茨城の筒井さんはサッカー場近辺に入って、最初は深瀬を中心に狙ったものの、掛かりが悪く、その下のヒラキに移動してから釣果があったようです。結果は7匹でしたが、「僕にとってはまずまず満足のいく釣果でした。でも一番大きかった鮎が、引き舟を開けた時に逃げられちゃった〜」そうです。
増渕オトリ店下を攻めた宇都宮市の五月女さんは「27cmが釣れた。数は昼から5〜6匹」との事でした。

今日はあまり天気が良くないようで、一日雨まじりになりそうです。
昨日同様に、浅めの場所の方が、いくらかでも水が温みやすいですし、雨粒が水面を叩けば、群れた鮎たちの警戒心も解けるでしょうから、掛かるかもしれません。
そんなところを静かに攻めてみてくださいね。
何れにしても、少し肌寒い陽気になりそうですから、暖かめの格好でお出かけください。

風が吹きませんように…

平成27年 8月 25日 (火)午前5時10分 曇り -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいで、ここ数日と一緒です。
少し渇水気味ですが、濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
さて、昨日は一昨日から吹き始めた大風がさらに強くなった感じで、一日竿を持っているだけで大変(^^;;
そんな中、皆さん頑張っていましたが、いかんせんオトリの操作なぞ出来ない状態。
ポツポツと掛かっても、すぐに根掛かりでオトリは弱るし…
かく言う私も、午前中に板戸大橋から飛山、竹やぶと見て回りましたが、とても竿を出す気分になれず、やっといくらか風をしのげるガケ下で竿を出しました。
オトリを入れてすぐに26cmが掛かってくれましたが、竿を立てれば風が当たって引き抜くのにひと苦労。このまま釣りをすれば、竿を折ってしまいそうなので、わずか20分でギブアップ。
そんなわけで、昨日の釣果は1匹でした(笑)
風さえなければポツポツとは掛かりそうですが、やはり渇水気味になってしまうと、今年の鮎は群れてしまうのか、数日前よりも石が曇ってきたような気がします。
少し雨が欲しい気がします。
今日の予報では、昨日よりはいくらか風も弱くなりそうです。
せめてきちんとオトリを操作できる程度の風になってくれると良いのですが…


2015-08-23

平成27年 8月 23日 (日)午前4時55分 曇り -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいで、昨日とほぼ変わりません。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日は新鬼怒橋下、柳田大橋など、人気ポイントは久しぶりにかなりの賑わいとなりました。
そんな混雑にために、なかなか大釣りは難しく、5〜8匹くらいの釣果の方が多かったようです。
それでも掛かる鮎は、例年の鬼怒川らしいグラマーな大鮎で、皆さんそれなりに満足されたようです。
そんな中、宇都宮市のテルテルボーズさんと埼玉の関さんは、独自に見つけてきたポイントで16匹と14匹。見事なものです。
瀬の中よりは、ヒラキの浅い場所が良かったようで、鮎がたまっているところを静かに上手に攻めたのでしょうね。
ここ1週間ほどで、川底がかなりきれいに磨かれた場所があちこちにありますから、少し川を歩いて、新しい場所を見つければ、こんな良い思いも出来ます。
皆さんも是非探してみてくださいね。
(詳しくは、「みんなの画像掲示板」にテルテルボーズさんが投稿してくれていますので、どうぞご参照くださいませ。)

今日も晴れ間はあまり出ないようですが、蒸し暑くなりそうです。
熱中症にならぬよう、じゅうぶんな水分補給と適度な休憩を取って、事故の無い一日をお過ごしくださいませ。
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみください*\(^o^)/*

2015-08-22

平成27年 8月 22日 (土)午前5時10分 曇り -20cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも20cm減くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
ここのところ安定して水位があった鬼怒川ですが、少し渇水気味になってしまいました。
一昨日まで良く掛かった瀬肩やザラ瀬も、水が無くなって、昨日はあまり芳しくなかったようです。
逆に、今まで深くて強くて攻めにくかったような強い瀬が良くなってきたようで、そんな場所に釣り人が多く入っています。
昨日、少し川を見て歩きましたが、今までドロドロの腐れ垢だった場所も、いつの間にか川底がきれいになってきていました。
例えば竹やぶの瀬。流れに強いところはわかりませんが、そのヒラキは鮎も良く跳ね、高いところから見ていると鮎が食むのもいくらか見られました。
ひょっとすると、今まで全くダメだったようなところも、掛かり出すのかもしれません。もっとも、博打のようになってしまいますので、竿を出すには勇気がいりますけどね(笑)
とりえず、現時点で実績があるのは、やはり新鬼怒橋下からサッカー場前、柳田大橋上下、グリーンパークから岡本鉄橋、勝山のお取り店近辺です。
昨日柳田大橋下の三俣の分流付近を釣った水戸の方々は、「3時までに10匹ほど釣れた」と報告を頂きました。
スペースが空いているのならば、少し動いて拾い歩けば、いくらかでも釣果は伸びるでしょう。
そしてもう一つ…仕掛けのトラブルやバラシが無いように万全の体制で臨むことが一番大切かもしれません。
思っているよりも大きな鮎が掛かりますから、慌てずゆっくりと取り込んでくださいね。
「今日はボーズ…>_<…。朝すぐに一匹釣れたんだけどバレちゃって…その後またすぐに掛かったんだけど今度は親子どんぶり。それからしばらくしてまた釣れたんだけどそれも高切れで、結局イヤになって帰って来ちゃった〜」なんて言うお客様もいらっしゃいました。
この時期、一匹のバラシが一日の釣果を左右することがありますから、皆様もお気をつけてくださいね。

さて、今日も日差しは強くなさそうですが、蒸し暑い一日になりそうです。
十分な熱中症対策をして、鬼怒川の友釣りをお楽しみくださいませ。


2015-08-21

平成27年 8月 21日 (金)午前5時10分 曇り -15cm

今朝の鬼怒川の水位は、平水よりも15cm減くらいです。
濁りもなく、今日も鬼怒川は釣りになります。
昨日は朝から雨のあいにくの天気でしたが、それでも鬼怒川はけっこう賑やかでした。
水温が冷たいせいか、瀬の強いところよりはやはりヒラキや瀬肩の温い場所の方が良く釣れていました。
それでも深瀬で掛かる鮎は型が良く、25〜26cmの鮎もいます。
平瀬では少し小ぶりで、平均22〜23cmが多いのですが、プックリと太っていて、重量があります。
ですから、仕掛けを切られたり、ハリが小さくて鮎が身切れしたりと、トラブルの多い方も見られます。
掛かった鮎を必ず取り込めるように、仕掛けやハリは、万全の体制で臨んでください。
福島から来た金子さんは、新鬼怒橋下の2段目の瀬を中心に攻めて、12匹の釣果。
最大は26.5cm。平均23〜24cmでした。
一箇所では何匹も掛からないので、丹念に筋オトリを入れて、広い範囲を攻めての釣果です。今の鬼怒川、ジッとしているよりは、少し広い歩くくらいのつもりで竿を出した方が釣果が伸びるようです。
ただ、この瀬の瀬肩は、一箇所で良く掛かっていて、午前中やっていた若い方は3時間ほどで7匹。午後に同じ場所に入った方も結構掛けていました。
今日は水量が少し減ったので、なんとも言えませんが、少し増水気味時は、こんな場所が狙い目になりますね。
今日もあいにく、あまり天気は良くないようで、気温もさほど上がらない予報です。
少し暖かい格好でお出かけくださいね。
それでは今日も鬼怒川の友釣りをお楽しみくださいませ*\(^o^)/*